欧州チャンピオンズカップ

見どころ

 欧州最強クラブを決める大会として1995年からおこなわれてきた「ハイネケンカップ」は、2014-2015シーズンから生まれ変わり、「ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ」として新たにスタートした。ハイネケンカップの出場チーム数は24だったが、新大会では、ヨーロッパを代表する3つのリーグから計20チームが参加する。
前年度の成績をもとに、イングランド最高峰リーグの「プレミアシップ」とフランス最高峰の「トップ14」から上位6チームずつ、ウエールズ、スコットランド、アイルランド、イタリアのクラブ(地方代表)が集まって構成されているリーグ「プロ12」からは7チームが参加。プロ12の枠は、各国(各協会)から少なくとも1チームは出場することが保証された。
残り1枠は予選プレーオフで決める。