マイター10カップ(New Zealand)

見どころ

ニュージーランドの地方代表選手権。以前はNPC、エアーニュージーランドカップという大会名でも親しまれた。かつては全14チームの総当り戦を実施していたが、2011年からは上位7チームのプレミアシップと、下位7チームのチャンピオンシップに分けられた。しかし、レギュラーシーズンではプレミアシップチームとチャンピオンシップチームの交流戦もおこなわれ、交流戦の成績も公式記録としてポイントに反映される。そして、シーズン終了時にプレミアシップで最下位だったチームは降格となり、チャンピオンシップ覇者は昇格する。2015年はNECグリーンロケッツのSH茂野海人が名門のオークランドでプレー。オークランドは決勝に進み、茂野は先発で奮闘したが準優勝だった。2016年から大会名は「Mitre10カップ」に改称。2018年大会はオークランドが11年ぶり17回目の優勝を遂げた。

オフィシャルサイト