カリーカップ(South Africa)

見どころ

南アフリカの国内最高峰リーグ。1891年に設立され、地方代表・州代表選手権大会としては世界最古の大会。かつては国内の14地区協会による総当りリーグ戦が行われていたが、資金力の格差などによりレベル差は広がる一方で、現在はプレミアディビジョン(1部リーグ)7チームとファーストディビジョン(2部リーグ)8チームに分かれて行われている。2019年大会はフリーステート・チーターズが3年ぶり6回目の優勝を遂げた。かつて南ア国内では、カリーカップ優勝はスーパーラグビーのタイトル以上の栄誉ととらえるファンも多かったが、ナショナルチームの活動が増えたことで南ア代表選手はカリーカップにほとんど参加できていないのが現状。