アジアラグビーチャンピオンシップ

見どころ

アジアでのラグビー発展を目的に、2008年にアジア5カ国対抗戦としてスタートした。国際統括団体「ワールドラグビー」の傘下にあるアジア・ラグビーフットボール協会が主催。毎年4月から5月にかけて開催され、日本は第1回大会から全勝で7連覇を達成した。2015年からはアジアトップ3の日本、香港、韓国による「アジアラグビーチャンピオンシップ」と変わり、ホーム&アウェイ方式の総当たりで優勝を争う。