アジアラグビーチャンピオンシップ

見どころ

アジアでのラグビー発展を目的に創設され、2008年から2014年まではアジア5カ国対抗戦として実施、2015年からアジアラグビーチャンピオンシップとなった。国際統括団体「ワールドラグビー」の傘下にあるアジアラグビーが主催で、毎年4月から6月頃にかけて開催される。日本はアジア5か国対抗から数えて、2017年まで全勝10連覇を達成。2018年と2019年は参加していない。2019年度は香港、韓国、マレーシアをトップグループとし、下部リーグはディビジョン1~3まである(Div.3は、ウェスト、セントラル、イーストサウスに分かれている)。