トップ14(France)

見どころ

フランスの最高峰であり、欧州を代表するリーグのひとつ。1892年に発足。現在、興行的に最も成功しているリーグと言われ、決勝戦は約8万人がスタジアムを埋める。毎年8月から翌年6月にかけて開催され、14チームによるホーム&アウェー式総当たり戦の結果、上位6チームがプレーオフトーナメントで優勝を争うと同時に、翌シーズンの欧州チャンピオンズカップの出場権を得る。最下位は下部リーグ(Pro D2)に自動降格となり、13位は入替戦に回る。2018-2019シーズンはトゥールーズが7季ぶり20回目の優勝を遂げた。2019-2020シーズンにはそのトゥールーズに日野剛志(ヤマハ発動機ジュビロ)が短期加入し、トップ14でプレーした。