九州学生リーグ1部

見どころ

1部に所属する大学は8校で、総当り戦を実施。優勝校は九州代表として、全国大学選手権大会への切符を獲得する。2019年度は九州共立大が5年ぶり2回目の優勝を遂げ、大学選手権初出場を果たした(2014年度は福岡工業大と両校優勝で、得失点差で福岡工業大が大学選手権に出場していた)。2020年度の1部リーグに属するのは、九州共立大、福岡大、福岡工業大、日本文理大、鹿児島大、九州大、西南学院大、志學館大。2部リーグも8校で構成されている。