トップチャレンジリーグ

見どころ

国内最高峰のトップリーグに次ぐセカンドリーグ。2019-2020シーズンは豊田自動織機シャトルズ、コカ・コーラレッドスパークス、近鉄ライナーズ、栗田工業ウォーターガッシュ、九州電力キューデンヴォルテクス、マツダブルーズーマーズ、釜石シーウェイブスRFC、清水建設ブルーシャークスの8チームが参加し、11月15日から1月19日にかけて総当たり戦で順位を決める。国内2部リーグだが、2019年のワールドカップで活躍した日本代表のトンプソン ルーク(近鉄)やウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、世界的にも有名なオーストラリア代表のウィル・ゲニア、クウェイド・クーパー(以上、近鉄)、ワイクリフ・パールー(栗田工業)、サモア代表のトゥシ・ピシ(豊田自動織機)などがおり、注目される。