ザ・ラグビーチャンピオンシップ

見どころ

南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアの3か国連合組織「SANZAR」が統轄し、ラグビーのプロ化が始まった1996年に上記3か国代表による『トライネーションズ』として始まった。この南半球国別対抗戦に、2007年W杯で3位と躍進したアルゼンチン代表が2012年から加わることとなり、『ザ・ラグビーチャンピオンシップ』と大会名を変更した。世界3強と南米の雄が争う本大会は、W杯に匹敵するほどタフで優勝は難しく、南半球ラグビーのさらなる発展が期待されている。8月中旬から10月上旬にかけて、ホーム&アウェイ方式で開催。また、ニュージーランドとオーストラリアの対戦には、約80年の歴史を持つ「ブレディスローカップ」のタイトルもかかっており、16年連続でニュージーランドがこの伝統杯を保持している。2018年はニュージーランドが大会3連覇を遂げた。

オフィシャルサイト