ザ・ラグビーチャンピオンシップ

見どころ

南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの代表チームが競う南半球4か国対抗戦。上記4か国協会の連合組織「SANZAAR」が統轄している。大会は、ラグビーがプロ化となった1996年に南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアによる『トライネーションズ』として始まり、2007年W杯で3位と躍進したアルゼンチンが2012年から加わることとなり、『ザ・ラグビーチャンピオンシップ』と大会名を変更した。毎年8月から10月にかけて開催され、ホーム&アウェイでおこなわれる。世界3強と南米の雄が争う本大会は、W杯に匹敵するほどタフで優勝は難しいと言われる。2019年大会は、のちにW杯日本大会も制す南アフリカが優勝し、10年ぶりの南半球王座奪還となった。また、ニュージーランドとオーストラリアの対戦には、90年近くの歴史を持つ「ブレディスローカップ」のタイトルもかかっており、17年連続でニュージーランドがこの伝統杯を保持している。