コラム 2019.12.13
【コラム】大学ラグビー

【コラム】大学ラグビー

[ 藤島 大 ]
【キーワード】, ,

 慶應に限らず、すべての大学の4年部員に「次のシーズン」はない。その使命と緊張こそは若者の進歩を呼ぶ。とは、青春が遠くに去った者にわかることで、当事者は負ければひたすら悔しい。それでいいのだ。なぜ筑波大学を突き放せなかったのか。どうして日本体育大学に負けたのか。好漢よ、大いに悔いよ。そして、貴君の一撃と突破は見事だった。

 あらためて学生ラグビーとは、大学当局でも、監督でも、OB会でもなく、4年部員のものなのだ。黒黄のジャージィのフランカーがそのことを確かめさせてくれた。指導者は「次」でなく「いまここにいる4年生」を勝たせるために人格のすべてを捧げなくてはいけない。短い射程では、戦力の厚くなる数年後をにらんでメンバー構成したほうが成功するかもしれない。しかし、50年、100年と続くクラブの歴史においては「いまここで勝とうと全力を尽くす」純粋な態度のみが伝統となる。レギュラー争いは冷徹な実力の競争で決まる。結果、先発が1、2年生ばかりになっても、それは自然だ。ただ控えの4年部員が「私たちは大切にしてもらった」と思えるかは問われる。大切にしてもらった人間だけが後進とクラブを大切にできるからである。

 ワールドカップ観戦に励んだ東京在住の知人は大学の試合にもよく足を運ぶ。秩父宮ラグビー場の応援で気づいたことがある。総じて、関東大学リーグ戦の各校のファンは「自分の好きな大学をひたすら励ます傾向にある」。大東文化には「いつもひとりの応援団(おかしな表現だが本当にそんな感じがする)」がいて微笑ましい。かたや対抗戦は「応援に批評がまじる」。批評とは? 激励のみならずレフェリー批判や相手の戦術の評価も含まれる。野次といえば野次だ。伝統校にはそれぞれ特徴があって、明治のファンは「数人の仲間が並んで叫ぶ」。慶應は「紳士淑女で大声を発しない」。早稲田は「ひとりで批評の声を出す変わった人がよくいる」。もちろん印象に過ぎず、ま、半分は冗談だ。書きたいのは次の一点。

 ある法政ファンの女性。小さな子どもと夫らしき男性の横で、単身、声援を飛ばす。ただし、むやみには発声しない。ここというところのみ。

「法政、集中!」

 実に的確なタイミングらしい。いい話だ。 

【筆者プロフィール】藤島 大( ふじしま・だい )
スポーツライター。1961年、東京生まれ。都立秋川高校、早稲田大学でラグビー部に所属。スポーツニッポン新聞社を経て、92年に独立。都立国立高校、早稲田大学でコーチも務めた。著書に『ラグビーの情景』『ラグビー大魂』(ベースボール・マガジン社)、『人類のためだ。』(鉄筆)、『知と熱』『序列を超えて。』(鉄筆文庫)など。ラグビーマガジンや週刊現代に連載。ラジオNIKKEIで毎月第一月曜に『藤島大の楕円球に見る夢』放送中。J SPORTSのラグビー中継解説者も務める。近著は『ラグビーって、いいもん だね。』 (鉄筆文庫)。

PICK UP