各国代表 2019.07.02

NZのW杯スコッド入り競争にトライ王も参戦。ナホロ、ノヌーは選出されず。

[ 編集部 ]
【キーワード】
NZのW杯スコッド入り競争にトライ王も参戦。ナホロ、ノヌーは選出されず。
クルセイダーズのトライマシーンとなったセヴ・リースが念願のオールブラックス入り(Photo: Getty Images)

 開幕まで80日となったラグビーワールドカップへ向けて、サバイバルに残ったメンバーともいえる。
 ニュージーランド代表“オールブラックス”のスティーヴ・ハンセン ヘッドコーチは7月2日、ザ・ラグビーチャンピオンシップの最初の2試合(7月20日:アルゼンチン代表戦、7月27日:南アフリカ代表戦)に臨むスコッド39人を発表した。ワールドカップの最終登録メンバーは31人のため、8月にあるオーストラリア代表との2試合(ラグビーチャンピオンシップ/ブレディスローカップ)で絞り込み、7月中旬にフィジー代表と2試合をおこなうマオリ・オールブラックスにもセレクターたちは目を光らせる。

膝の負傷もあってベストパフォーマンスを披露できなかったワイサケ・ナホロ(Photo: Getty Images)
103キャプを誇る経験豊富なマーア・ノヌーだが、NZ代表復帰ならず(Photo: Getty Images)

 サプライズは、2015年ワールドカップの優勝メンバーであるWTBワイサケ・ナホロ(ハイランダーズ)の落選。28歳になったナホロは膝の負傷もあって、今年のスーパーラグビーで十分なアピールができていなかった。また、4年ぶりのスーパーラグビー参戦で活躍し、オールブラックス復帰が注目されたベテランCTBのマーア・ノヌー(ブルーズ)も選ばれなかった。さらに、負傷と個人的事情により最近まで長期プレーできていなかったFL/NO8リーアム・スクワイア(ハイランダーズ)は本人がインターナショナルレベルに戻る準備がまだできていないということで、今回はリスト入りしていない。
 一方、スーパーラグビー準決勝で手を骨折したクルセイダーズのLOスコット・バレットとCTBライアン・クロッティは回復まで2か月近くかかると見られており、ラグビーチャンピオンシップは不参加が濃厚で、ワールドカップへ向けてリハビリに集中する。同じくクルセイダーズのPRティム・ペリーも負傷しており、選考の対象外となった。

 初選出は4人で、膝前十字靭帯断裂によりワールドカップ出場が絶望的となったダミアン・マッケンジーに代わる3番手SOとして、ハイランダーズで存在感を示したジョシュ・イオアネが選ばれている。またスーパーラグビーで3年連続決勝進出を果たしたクルセイダーズから、今季最多の15トライを挙げているフィジー出身のWTBセヴ・リースと、CTB、WTB、FBでプレーできる21歳のユーティリティBKブライドン・エノーも念願のオールブラックス入りとなった。そして、2年前のU20代表主将であるFL/NO8ルーク・ジェイコブソンもチーフスでの活躍が認められ初招集となった。

 SHではブラッド・ウェバーがチーフスの仲間でライバルでもあるテトイロア・タフリオランギを抑えて選出され、4年ぶりのテストマッチ出場とその先の大舞台を目指す。チーフスの選手ではSHタフリオランギのほかに、代表20キャップを持つHOネイサン・ハリスも名前がなかった。
 PRのタイレル・ロマックス(ハイランダーズ)、FL/NO8のルーク・ホワイトロック(ハイランダーズ)、アキラ・イオアネ(ブルーズ)にとっても残念な発表となった。

 今週末にスーパーラグビー決勝を戦うクルセイダーズの選手を除き、それ以外のメンバーはあす3日に集合してプレシーズンキャンプを始める。

ワールドカップ用の誇り高き黒衣を手にするのは誰だ(Photo: Getty Images)

<ラグビーチャンピオンシップ2019(アルゼンチン戦・南アフリカ戦) NZ代表>

【HO】
デイン・コールズ(32歳、ハリケーンズ/ウェリントン、60 caps)
コーディー・テイラー(28歳、クルセイダーズ/カンタベリー、41 caps)
リーアム・コルトマン(29歳、ハイランダーズ/オタゴ、4 caps)
アサフォ・アウムア(22歳、ハリケーンズ/ウェリントン、uncapped)

【PR】
オーウェン・フランクス(31歳、クルセイダーズ/カンタベリー、106 caps)
ジョー・ムーディー(30歳、クルセイダーズ/カンタベリー、37 caps)
オファ・トゥウンガファシ(27歳、ブルーズ/オークランド、26 caps)
ネポ・ラウララ(27歳、チーフス/カウンティーズ・マヌカウ、17 caps)
カール・トゥイヌクアフェ(26歳、ブルーズ/ノースハーバー、13 caps)
アンガス・タアヴァオ(29歳、チーフス/タラナキ、3 caps)
アトゥ・モリ(24歳、チーフス/タスマン、uncapped)

【LO】
サム・ホワイトロック(30歳、クルセイダーズ/カンタベリー、108 caps)
ブロディー・レタリック(28歳、チーフス/ホークスベイ、75 caps)
パトリック・トゥイプロトゥ(26歳、ブルーズ/オークランド、21 caps)

【LO/FL】
ジャクソン・ヘモポ(25歳、ハイランダーズ/マナワツ、3 caps)

【FL/NO8】
サム・ケイン(27歳、チーフス/ベイ・オブ・プレンティ、60 caps)
アーディー・サヴェア(25歳、ハリケーンズ/ウェリントン、35 caps)
マット・トッド(31歳、クルセイダーズ/カンタベリー、17 caps)
ヴァエア・フィフィタ(27歳、ハリケーンズ/ウェリントン、9 caps)
シャノン・フリゼル(25歳、ハイランダーズ/タスマン、4 caps)
ダルトン・パパリイ(21歳、ブルーズ/オークランド、2 caps)
ルーク・ジェイコブソン(22歳、チーフス/ワイカト、初選出)
キアラン・リード(33歳、クルセイダーズ/カウンティーズ・マヌカウ、118 caps)【主将】

【SH】
アーロン・スミス(30歳、ハイランダーズ/マナワツ、82 caps)
TJ・ペレナラ(27歳、ハリケーンズ/ウェリントン、55 caps)
ブラッド・ウェバー(28歳、チーフス/ホークスベイ、1 cap)

【SO】
ボーデン・バレット(28歳、ハリケーンズ/タラナキ、73 caps)
リッチー・モウンガ(25歳、クルセイダーズ/カンタベリー、9 caps)
ジョシュ・イオアネ(23歳、ハイランダーズ/オタゴ、初選出)

【CTB】
ソニービル・ウィリアムズ(33歳、ブルーズ/カウンティーズ・マヌカウ、51 caps)
アントン・レイナートブラウン(24歳、チーフス/ワイカト、33 caps)
ンガニ・ラウマペ(26歳、ハリケーンズ/マナワツ、10 caps)
ジャック・グッドヒュー(24歳、クルセイダーズ/ノースランド、7 caps)

【WTB/FB】
リーコ・イオアネ(22歳、ブルーズ/オークランド、24 caps)
ジョージ・ブリッジ(24歳、クルセイダーズ/カンタベリー、1 cap)
セヴ・リース(22歳、クルセイダーズ/ワイカト、初選出)
ベン・スミス(33歳、ハイランダーズ/オタゴ、76 caps)

【Utility BK】
ジョーディー・バレット(22歳、ハリケーンズ/タラナキ、9 caps)
ブライドン・エノー(21歳、クルセイダーズ/カンタベリー、初選出)

PICK UP