コラム 2019.11.14
【コラム】八八艦隊とガミナラ

【コラム】八八艦隊とガミナラ

[ 野村周平 ]
9月25日の釜石SWは快晴。対戦両国の国旗を風が揺らす(撮影・山口高明)
9月25日の釜石SWは快晴。対戦両国の国旗を風が揺らす(撮影・山口高明)

 ウルグアイラグビーのスピリットを体現する人は試合後、「歴史を作る唯一のチャンスが今日の試合だと思っていた。僕たちのプロ精神を見せられた」と誇った。ガミナラは仕事とラグビーを両立させる自分たちのことを「ハイパープロフェッショナル」と呼んでいる。「報酬はもらえればうれしい。だけど、お金のためにラグビーをしているわけじゃない。仕事しながらラグビーをしていることを誇りに思っている。日本のリーグから声がかかったら、それはハッピーだけどね」
 
 聡明な個性の持ち主であることは、ユーモアに富んだ話しぶりですぐ分かった。自分の小ささを不利に感じたことはないのか。そう聞くと、「反対だね。ラインアウトは背が高い方が有利だけど、低いタックルをしたり、ジャッカルしたりするのに、僕の背の低さは役立っている」。そう言ってから、「生まれ変わったら192センチになりたい」と笑い飛ばした。大きくなる一方の世界のラグビー界で、小さなフォワードの居場所を証明したことも、彼の小さくない達成の一つだった。
 
 大きさを求めた北の鉄人と小ささを生かした南米の闘将。違うようで似たところのある双方が、時を超え、釜石の地で交わったように感じられたのは、ワールドカップならではの醍醐味だろう。大も小も内包するラグビーの懐の深さにも思いが至った。
 
 小林さんの富士製鉄入社からちょうど50年。水色がグラデーションする空の下で行われた釜石のワールドカップは間違いなく、44日間の非日常の中でも、とびきり特別な1日となった。

野村周平
【筆者プロフィール】野村周平( のむら・しゅうへい )
1980年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学卒業後、朝日新聞入社。大阪スポーツ部、岡山総局、大阪スポーツ部、東京スポーツ部、東京社会部を経て、2018年1月より東京スポーツ部。ラグビーワールドカップ2011年大会、2015年大会、そして2016年リオ・オリンピックなどを取材。自身は中1時にラグビーを始め大学までプレー。ポジションはFL。

PICK UP