ラグリパコラム 2018.12.31

【ラグリパWest】土井家の女子として。 土井環奈(東海大静岡翔洋/SH) 

[ 鎮 勝也 ]
【キーワード】,
【ラグリパWest】土井家の女子として。 土井環奈(東海大静岡翔洋/SH) 
U18花園女子15人制試合中、仲間に指示を出す土井環奈。(撮影/松本かおり)

 土井環奈(かんな)は2世選手だ。
 父・崇司は高校ラグビー界の名将。
 そのDNAを受け継ぎ、U18花園女子15人制のメンバーに選ばれる。20分ハーフの試合は東西対抗の形をとった。

 156センチのスクラムハーフは、12月27日、花園第一グラウンドの緑鮮やかな芝を初めて踏みしめる。
「ラグビーをよく知っている子たちと一緒にプレーができて、楽しかったです」
 父と同じ少し茶を帯びた大きな瞳が光る。

 高2の春、東海大付属の仰星から翔洋に転校した。大阪から静岡にひとりで移り住む。
 高3の冬、故郷に錦を飾る。

 この試合は、2021年の女子ワールドカップを目指す世代の普及と強化を目的に実施される。15人制になって4年目を迎えた。
 かんなの前には世界が広がる。

 ジャージの色は青。白いスパイクにはオレンジの靴ひもを通す。両方の親指と小指には黒のテーピングを巻いた。
「ボールをまわす力が大きいのはこの2本です。あとの指で感覚を確かめます」
 女の子らしい色合わせをしながらも、ラグビーに対して抜かりはない。

 かんなは東軍(EAST)に属する。後半開始から交替出場する。
 13分にはラックなどに素早く寄り、3回のパスをミスなく出し、トライを引き寄せる。
 10-12の敗北の中、存在感を示せた。

 父はメインスタンドから見守る。
「あの子がポイントに行くのが一歩遅れていたらトライになってへんね。すごいわ」
 指導者の目線に、つい娘への愛が混じる。
 父は仰星を花園優勝5回の強豪に育て上げ、今は相模で総監督をつとめている。

 母・孝枝はバレーボール出身。2人はともに保健・体育教員となった仰星で出会う。かんなは運動の良血を受ける。
 生まれは2000年10月10日。祝日「体育の日」も偶然ではないだろう。

 生を受ける9か月前、仰星は初めて日本一になった。79回大会決勝では、埼工大深谷(現正智深谷)を31-7 で下す。
 楕円球を追うには最良の環境があった。

 幼稚園の卒業文集に書いた。
<ラグビー選手になる>
 本人は照れ笑いを浮かべる。
「そんなこと書いた覚えはないんですが…」
 母は花園のスコアボードを指差した。
「あそこで生まれた時から泥だらけになって遊んでいましたから」
 改装前、得点板の裏側には芝や土がむき出しになった小さいスロープがあった。父が試合の間、そこが公園だった。

PICK UP