国情報

ニュージーランド

ニュージーランド
人 口 447万
言 語 英語、マオリ語
有名物 キーウィ(国鳥)
有名人 ピーター・ジャクソン(映画監督/代表作『ロード・オブ・ザ・リング』で歴史的世界ヒット)
人気他競技 クリケット、ヨット
オールブラックス
愛 称 オールブラックス
世界ランキング 1位 (92.54)
ラグビー協会創立 1892年
公式HP https://www.allblacks.com/
   

ニュージーランド人にとってラグビーは文化であり、宗教であり、かけがえのないもの。

男子15人制代表チームは「オールブラックス」の愛称で親しまれている。上下真っ黒のジャージーに身を包んだ勇姿を見て、そう呼んだ者もいるだろう。しかし、ニュージーランド代表の愛称については洒落た話がひとつある。
1905年10月11日、イギリスでのこと。ニュージーランド代表は圧倒的強さで地元のクラブチームに大勝した。その猛者たちは走りに走り、誰ひとりとして疲れを知らない。パワー的要素を求められた重量級のフォワード選手までが、走力を求められるバックス選手並に素早いのだ。
「まるで全員がバックスのようだ!」
試合を観ていた新聞記者はそう叫び、大見出しの名文は決まった。しかしこの記者、興奮で手が震えたか、あるいは印刷ミスか、「ALL BACKS」とネーミングするつもりが、「L」を余分に足し、「ALL BLACKS」とやってしまったのだ。伝説の誕生である。驚異のラグビーをするニュージーランド代表は当然注目を集め、大誤植の新聞を片手に、「オールブラックスを観に行こう!」という声は瞬く間に広まった…、という説も。

オールブラックスの魅力のひとつに、試合前のパフォーマンスが挙げられる。選手たちは勇敢なるマオリ戦士の魂を受け継ぎ、戦いへの雄叫びを上げ、狂おしく躍るのだ。その名は“ハカ”。
ハカの起源は定かではないが、1884年、ニュージーランド代表が初めて海外遠征した際にハカを披露したいう説もある。当然、ハカは白人選手も行うが、伝統的にマオリの血を引く選手がリードする。

ニュージーランド代表が最初に国際試合を行ったのは1903年。その後110年以上の歴史で世界中すべての相手に勝ち越し、通算勝率は77%を超える。この驚異的な数字を誇るオールブラックスは、ワールドカップでは涙をのむことも多かったが、自国で開催された2011年大会で24年ぶりに栄冠を取り戻し、2015年大会で史上初の連覇を達成した。

女子ラグビーも盛んであり、「ブラックファーンズ」の愛称を持つ女子代表は2017年の女子ワールドカップで2大会ぶり5回目の優勝を狙う。

7人制ラグビーも世界トップクラスで、2013年にモスクワで開催されたワールドカップ・セブンズでは男女そろって優勝。2016年のリオ五輪では男子5位、女子は準優勝に終わったが、2020年の東京オリンピックでは金メダルを狙う。