国内

第98回全国高校ラグビー大会東京都第2地区予選 決勝は目黒×本郷に

目黒NO8タニエラがトライにつなげる突破(撮影:見明亨徳)

2

明大中野WTB關根が逆転を呼ぶトライ。雄たけびをあげた(撮影:見明亨徳)

3

東京(紫ジャージ)を止める本郷(撮影:見明亨徳)

4

本郷HO福澤、鋭いランでゲインを切る(撮影:見明亨徳)


 第98回全国高校ラグビー大会の東京都予選・第2地区も、準決勝が11月4日に帝京大グラウンドでおこなわれた。2年連続出場を目指す目黒学院が、明大中野高(2年ぶりの出場を目指す)に後半、逆転されるも再逆転し34-29で接戦を制した。本郷高は前半最初の東京高(2年ぶりの出場を目指す)の攻撃を自陣ゴールまでしのぐと、4トライを奪い34-0で決勝進出を決めた。第90回大会以来10度目の全国切符をかける。


■目黒、厳しい戦いを制す

 目黒学院高は前半1分、NO8ヴェア・タニエラの先制トライから8分間で3本のトライを奪い15-0とリード。グラウンドには第1地区準決勝2試合に続き「圧勝の雰囲気」が漂った。
 その空気を明大中野のあきらめない選手たちが変えた。18分に目黒ゴール前左スクラムからWTB池田健輔が右中間へ飛び込み5点を返すと、6分後にはラインアウトからモールで押し、ラックサイドをFWが得点し15-10で前半を終えた。
 前半最後と後半開始直後、目黒が明大中野ゴール前でしつように攻撃するもゴールラインを守った。6分、目黒陣22メートルの右ラインアウト、明大中野が素早くボールを出しWTB關根瑞己へ渡ると一気に中央トライラインを越えた。同点(15-15)。FB柳田治久がコンバージョンキックを難なく決めて15-17と試合をひっくり返した。
 目黒はこれで息を吹き返したか。11分に自陣からフェーズを重ね最後は主将CTB大島暁が再逆転のトライ。さらに5分後には大島がスクラム起点で出たボールを連続でインゴールへ運んだ(27-17)。
 3分後、明大中野が7点を返すと、25分、目黒NO8タニエラが2本目のトライを奪った(34-24)。27分、明大中野はゴール前でPKを得、タップからゴールラインへ進めたボールをPR山崎亮がねじ込んで34-29と迫ったが、最後の攻撃でターンオーバーされノーサイドになった。
「最初に3トライ取っても簡単に勝てる相手とは思っていなかった。ゲームコントロールのところでうまくいかなかった」と目黒学院の竹内圭介監督。19度目の花園をかけた戦いに気持ちを引き締めた。


■勝負は前半5分で決まった 本郷が1月の2点差リベンジ果たす

 前半開始、いきなり東京高が本郷高ゴールラインへ迫る。フォワードがラックサイドをどんどん突いてきた。本郷は絡み続ける。東京の反則で得た本郷スクラムも押されターンオーバーされた。ここでも止めて切り抜けた。
 すると9分に東京ゴール前5メートルの左スクラム、モールを作ると主将NO8島田耕成が先制のファイブポインターとなった。本郷はHO福澤慎太郎がボールをもらうとゲインラインを切り続ける。19分に1トライ奪うと、29分に東京ゴール前の反則からモールを作り3本目のトライで前半を終えた(17-0)。
 後半も6分、FL橋本大吾のトライをはじめ2トライ2ゴール1PGで17得点を加点。ディフェンスも奮闘し、34-0で10度目の花園出場へあと1試合となった。
 準々決勝後に島田主将は、新人大会で2点差負けした東京(準決勝12-14)、さらに春季大会で目黒に同じ2点差負け(準決勝26-28)のリベンジを誓っていた。「ゼロ封し、東京にリベンジできた。モールからトライも取り切れた。次につながる」。大学進学はラグビー推選ではなく一般受験で都内の難関国立大(文系)を目指す。年末年始、ラグビーと受験勉強を両立する覚悟だ。
 渡邉宣武監督は「紙一重の差の勝利。生徒は2点差で悔しい思いをしたことでここまで成長してきた。プレーする喜び、勝つ喜びを共有したい」とコメントした。
(文:見明亨徳)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2