Nations

日本、王者NZから5トライ奪うも完敗。リーチ主将「世界の厳しさわかった」


NZ代表のラウマペに襲いかかる日本代表のラファエレ、坂手、福岡(撮影:松本かおり)


 1年後の自国開催ラグビーワールドカップで悲願のベスト8以上を目指す日本代表が、世界ランキング1位のニュージーランド代表と熱闘を演じた。11月3日、東京・味の素スタジアムで挑み、31−69。主力メンバーを欠いた若手中心の相手にダブルスコアで敗れる結果となったが、誇り高きオールブラックスから5トライを奪った。

 しかし、目標は高いからこそ大いに反省する。
 リーチ マイケル主将は「世界の厳しさがよくわかった。自分たちは練習で厳しくやっているつもりだが、もっと厳しくやらないといけない。どうやって世界のチームに勝つか。今日、たくさん課題ができた」と振り返る。

 序盤、日本の反則が続き、オールブラックスがショットを選択し先制した。
 しかしリスタート直後、桜のジャージーの5番をつけたアニセ サムエラが相手FBジョーディー・バレットにプレッシャーをかけ、キックをチャージしてトライ。スタジアムは大歓声が沸き起こった。

 流れを引き寄せた日本は、モールディフェンスでも奮闘し、果敢なタックルを繰り返す。

 しかし14分、オールブラックスはLOジャクソン・ヘモポが力強く突進してゴールに迫り、速いリサイクルから左外でロングパスをもらったHOデイン・コールズがゴールに持ち込んだ。19分にはSOリッチー・モウンガに防御網を破られ連続失点。さらに28分、WTBワイサケ・ナホロがキックしたボールは、黒衣軍にラッキーバウンドとなってCTBンガニ・ラウマペがトライゲッターとなった。

「簡単にトライされることが多すぎ」(リーチ主将)

 それでも日本は食らいつき、33分、敵陣深くで相手にプレッシャーをかけてボールを奪い返し、たたみかけ、NO8ツイ ヘンドリックがゴールラインを越えて、相手に絡まれたがグラウンディングが認められた。

 その後、相手に2連続トライを許し点差は開いたが、ハーフタイム前、日本はドライビングモールでゴールに近づいたあと、左へボールを動かし、CTBラファエレ ティモシーがゴールラインに押さえて、19−38で折り返した。

 後半、日本はラインアウト失敗やブレイクダウンでピンチを招き、さらに相手の巧みなキックスキルなどで点差をつけられてしまったが、52分(後半12分)、敵陣深くに入ると、連続攻撃からSO田村優がゴール前右に絶妙なキックパスを放ち、WTBヘンリー ジェイミーがコーナーにフィニッシュした。

 そして70分、左タッチライン際を駆け上がったWTB福岡堅樹がハンドオフで3人を振り切り、FB松田力也、CTBラファエレ ティモシーとつないでチーム5トライ目を獲得。完敗のなかにも意地を見せた。

 ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチは試合後の会見で、「結果は残念」と悔しさをにじませた。が、「自分たちの意気込みや意図についてガッカリしているのではない。オールブラックスに対して5トライ取れた。いい兆しで、成長の証だと思う。でも、まだまだ改善するところはたくさんある。ワールドカップへ向けてさらに成長を遂げなければならない。ティア1の国(強豪国)に勝つにはまだまだ強化が必要だ」とコメントした。

 日本代表は次週からイングランドに遠征し、11月17日に聖地トゥイッケナム・スタジアムで前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズが率いる世界ランキング4位のイングランド代表に挑む。

 リーチ主将は前を向き、「トゥイッケナムでイングランドを倒して帰ってきたい」と力強く言った。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2