W杯

ラグビーワールドカップ2019の公式ボール発表 革新的な『シリウス』


ラグビーワールドカップ2019公式ボール『シリウス』(写真提供:World Rugby)


 11月2日、ラグビーワールドカップ2019日本大会で使用される公式試合ボールが発表された。大会サプライヤーのギルバートが開発したワールドカップの第7代目の公式ボールで、『シリウス』と名付けられた。地球から7番目に近い恒星のシリウスにちなんで付けられたという。シリウスは、北半球・南半球から見える夜空の中で最も明るい星で、シリウスボールは、ラグビーの最大の賞を競う両半球のチームを象徴している。

 1995年より公式ボールを提供している業界首位のギルバートがラグビーワールドカップのために特別に設計した革新的な『シリウス』は、きょう11月3日に東京・味の素スタジアムでおこなわれる日本代表×ニュージーランド代表の試合でデビューを果たす。

 最新の技術を使用して最高レベルの一貫性と性能を実現させた『シリウス』は、ラグビーワールドカップ2015の公式ボールである『MATCH XV』の進化形であり、繊細さや耐久性を損なうことなくハンドリングを向上させる新しいグリップパターンを備えている。より迅速な水分散を可能にするように表面設計も改良された。

 ギルバートのラグビー国際セールス&マーケティングディレクターであるリチャード・グレイ氏は「新しいシリウスボールが、世界中の素晴らしい選手たちの潜在力を最大限に引き出すことを可能にし、日本でのラグビーワールドカップを成功へと導くと確信しています」とコメント。

 大会まで十分な時間があるため、全ての参加チームがボールに慣れることが可能となる。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2