海外

フェルミューレンが4年ぶりにスーパーラグビー参戦 ブルズ入団決定!

ドウェイン・フェルミューレン。2019スーパーラグビーへ向け、来年2月にブルズに合流予定
(Photo: Getty Images)


 クボタスピアーズの9季ぶりのトップリーグ8強入りに大きく貢献した南アフリカ出身のドウェイン・フェルミューレンが、4年ぶりにスーパーラグビーでプレーすることが決まった。加入するのは、海外へ出る前に在籍していたストーマーズではなく、ブルズ。プレトリアを本拠地とし、2010年大会以来4回目の王座獲得を目指す猛牛軍団が10月26日、フェルミューレンの来季入団を発表した。

 2014年にワールドラグビーの年間最優秀選手賞にノミネートされ、南ア代表として42キャップを重ねたフェルミューレンは、世界最高のNO8のひとりといわれる。かつて、チーターズ、ストーマーズでプレーし、スーパーラグビー出場はすでに100試合を超えている。ストーマーズではキャプテンを務めた。2015年から海外に出て、フランスのトゥーロンで3シーズン活躍し、今年からクボタスピアーズの一員となってハードワークでチームをけん引している。

 ブルズ入りが決まった32歳のフェルミューレンは、「2019年は我々にとって大きな一年になるだろう。私はインパクトをもたらしたいと熱望している。ブルズは常に私が尊敬してきたチームであり、その家族に加わることを楽しみにしている」とコメントした。

 ラグビーワールドカップ2019も見据えるフェルミューレンは現在、南ア代表のトレーニングスコッドに名を連ねており、インターナショナルマッチ期間となる11月は同代表の欧州遠征に参加する予定。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2