海外

レッズ戦力外のクーパーがレベルズへ移籍決定! 元ボスを見返す気満々

クウェイド・クーパー対ブラッド・ソーン。移籍発表前、クーパーはこの写真をインスタに投稿した
(Photo: Getty Images)

2

復活目指し、国内大会で奮闘したクウェイド・クーパー。10月14日のキャンベラ・バイキングス戦
(Photo: Getty Images)


 クウェイド・クーパーが、ラグビーワールドカップ2019出場へ向けてアピールする場所をついにつかんだ。そして、実力を評価してくれなかった元ボスを見返すチャンスでもある。

 オーストラリア代表として70キャップを持つ創造性豊かな30歳のプレーメーカーは、クイーンズランド・レッズで戦力外となって今年のスーパーラグビーでは1試合もプレーすることができなかった。しかし、10月23日、メルボルン・レベルズが来季のスーパーラグビーへ向けて、クーパーと1年契約を結んだことを公式に発表した。移籍が決まったクーパーは、11月中旬からはじまるレベルズのプレシーズンキャンプに参加する予定だ。

 クーパーは2016年にトゥーロン(フランス)を退団したあと、3年契約でレッズに加入したが、2018シーズンから同クラブの指揮官になったブラッド・ソーン ヘッドコーチに構想外と告げられ、今年は65万豪ドル(約5200万円)と言われる年俸分の働きはまったくできなかった。レッズ傘下のブリスベン・シティの一員として9月、10月はオーストラリア国内大会(NRC)でプレーしていたが、海外クラブ移籍やラグビーリーグ(13人制)転向なども噂され、去就が注目されていた。

 クーパーはレベルズ入りが発表される前日、自身のインスタグラムで、2011年のワールドカップ準決勝でニュージーランド代表と対戦したときの、ソーンと激しくやりあっているシーンの写真をアップし、「時々、あなたは愛する場所から追い出されますが、ありがたいことに、私を愛する場所は複数あります」とコメントしており、ソーンを見返したい思いを明らかにしていた。

 スーパーラグビー119試合出場の経験を持つクーパーは、2011年にレッズの司令塔として初優勝を遂げ、そのときハーフバックスを形成したウィル・ゲニアは2018年からレベルズの一員となっているため、黄金コンビ復活となる。

 チャンスをもらったクーパーは、「メルボルンでラグビーのコミュニティを成長させるために、フィールド上でも外でも、私にできることは何でもやる。レベルズの組織全体とファンが誇りに思うように、熱心にがんばりたい」と決意を語った。
 
 レベルズのデイヴィッド・ヴェッセルズ ヘッドコーチは、ここ数か月間にクーパーと何度も話をしたそうで、「ラグビーに対する彼の愛情、意欲に感銘を受けた。彼は根気よく努力を続けており、私たちにとって本当に重要な起爆剤になる可能性がある」と述べ、クーパーの合流を楽しみにしている。

 今年、惜しくも初のプレーオフ進出を逃したレベルズは、来季の悲願達成へ向けて、現在、プレミアシップ(イングランド)のレスター・タイガースに在籍しているオーストラリア代表のCTB/SOマット・トゥムーアとも契約を締結しており、トゥムーアはプレミアシップのシーズンが終わる来年5月下旬か6月上旬頃(スーパーラグビー終盤)にレベルズに合流する予定。

 レベルズのバックラインはほかに、ユーティリティBKのリース・ホッジ、ジャック・マドックス、WTBマリカ・コロインベテ、CTB/WTBセファ・ナイヴァル、FB/WTBデイン・ハイレットペティと、オーストラリア代表がそろっており、クーパーとトゥムーアの新加入により、スーパーラグビーで最も層が厚いバックスを作ることが可能となる。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2