コンテンツ

ごみゼロのラグビーを目指そう! 日本×NZ戦にリユースカップを1万個導入

2



 11月3日に東京・味の素スタジアムで開催される「リポビタンD チャレンジカップ 2018 日本代表 vs. ニュージーランド代表」の試合で、ごみの削減を目指して1万個のリユースカップが導入されることが明らかになった。
 ラグビーの試合でリユースカップが使用されるのは今回が2回目。 
 日本で長年、環境活動に取り組んで来たNGOと日本ラグビー協会の協力のもと実施する。

 リユースカップとは、使い捨ての紙コップやプラスチックカップとは異なり、洗って繰り返し使うことのできるカップ。多くは耐熱・耐冷性のあるポリプロピレン製で、軽くて落ちても割れにくいことから、野外のフェスティバルや地域の祭にも取り入れられているという。有名なところでは、Mr.Childrenが関わる野外音楽フェスティバル「ap bank fes.」や、 京都の祇園祭で導入されている。 

 リユースカップは、製造、輸送、洗浄などの工程で、石油をはじめとする原料やエネルギーが必要になり、二酸化炭素も排出される。しかし、使い捨てカップを毎回新たに使用して廃棄処理するよりも、リユースカップを繰り返し使用すればするほど、必要となる原料やエネルギー、二酸化炭素の排出量は抑えられることになるという。

 紙コップは1個約11グラムなので、1万個の紙コップは合計110キロ。
 なので、来年日本で開催されるラグビーワールドカップの全48試合で毎回1万個の紙コップが使用された場合、48万個、5.28トン分のごみが出ることとなる。紙コップをリユースカップに切り替えることで、これらのごみの削減につながる。

 日本×ニュージーランド戦がおこなわれる味の素スタジアムで、リユースカップで提供されるドリンクを購入する際、飲料代に加えて、カップ代として300円が必要となる。使い終わったあとは、記念として持ち帰っていただき日常での活用も推奨しているが、不要な場合は、売店横のスタッフに返却するとカップ代が返却される。

※ カップ代の1%は、ラグビーの振興を応援するため日本ラグビー協会に寄付される。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2