女子

東京五輪への戦いスタート ワールド女子セブンズシリーズ開幕戦はNZが優勝

女子第1ラウンドのトップ3。黒衣が優勝したニュージーランド
(Photo: Mike Lee - KLC fotos for World Rugby)

2

女子ニュージーランドをけん引するサラ・ゴス主将
(Photo: Mike Lee - KLC fotos for World Rugby)

3

プレーヤー・オブ・ザ・ファイナルに選ばれたルビー・トゥイ
(Photo: Mike Lee - KLC fotos for World Rugby)

4

今大会で活躍が目立ったロシア主将のアリョーナ・ミカルツォヴァ
(Photo: Mike Lee - KLC fotos for World Rugby)


 2020東京オリンピックの予選を兼ねた「ワールドラグビー 女子セブンズシリーズ 2018-2019」が10月20に開幕し、アメリカのコロラド州グレンデールで開催された第1ラウンドは、ワールドカップ・セブンズ2018金メダルチームのニュージーランドが制した。

 現地時間21日におこなわれたカップトーナメントで、アイルランド、カナダを倒して決勝に進んだニュージーランドは、優勝をかけて開催国のアメリカと対戦し、歴代最多トライゲッターであるポーシャ・ウッドマンのハットトリックなどで33−7で快勝した。
 
 昨シーズンの総合チャンピオンであるオーストラリアは準々決勝でアメリカに敗れ、5位発進となった。

 コアチームから脱落した女子セブンズ日本代表は、第1ラウンドは参加していない。

 今季のワールドラグビー女子セブンズシリーズは6大会が予定されており、第4ラウンドは来年の4月20、21日に福岡・ミクニワールドスタジアム北九州で開催される。

 そして、各ラウンドの成績ごとに与えられるポイントの総合点によってシーズン順位を競い、最終順位の上位4チームが東京オリンピックの出場権を獲得する(オリンピック出場枠は男女それぞれ12チーム。開催国の日本は自動的に出場権を獲得している。残りの枠は各地域予選、敗者復活戦で決定)。

 男子セブンズ日本代表がコアチームとしてフル参戦する男子のワールドラグビーセブンズシリーズは、11月30日にドバイで開幕する。


<ワールドラグビー 女子セブンズシリーズ 第1戦 順位決定戦結果>

▽カップ準々決勝
・ニュージーランド 34−7 アイルランド
・カナダ 21−17 ロシア
・フランス 22−7 イングランド
・アメリカ 26−5 オーストラリア

▽カップ準決勝
・ニュージーランド 28−19 カナダ
・アメリカ 21−19 フランス

▼カップ決勝(優勝決定戦)
・ニュージーランド 33−7 アメリカ

▼ブロンズ決勝(3位決定戦)
・カナダ 28−0 フランス

▽5位決定トーナメント準決勝
・アイルランド 21−10 ロシア
・オーストラリア 26−12 イングランド

▼5位決定戦
・オーストラリア 21−19 アイルランド

▼7位決定戦
・ロシア 17−14 イングランド

▽チャレンジトロフィー準決勝
・スペイン 46−0 メキシコ
・フィジー 17−14 中国

▼チャレンジトロフィー決勝(9位決定戦)
・スペイン 20−14 フィジー

▼11位決定戦
・中国 47−0 メキシコ

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2