Nations

梶村、堀越、茂野ら今秋の日本代表入り! 堀江は疲労骨折で全治6か月か


今秋の日本代表メンバーについて話すジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ(撮影:松本かおり)


 南半球と北半球の誇り高きラグビー伝統国に挑む日本代表スコッドが決定した。
 日本ラグビー協会は10月1日、この秋のテストマッチシリーズに臨む日本代表のメンバー35人(FW 20、BK 15)を発表。

 ノンキャップのLO中島イシレリ(神戸製鋼)、CTB梶村祐介(サントリー)、WTBヘンリー ジェイミー(トヨタ自動車)、そして梶村とともにサントリー1年目から活躍しているHO堀越康介など、フレッシュなメンバーが加わった。また、歴史的な3勝を遂げた2015年ワールドカップのメンバーである32歳のPR山下裕史(神戸製鋼)が日本代表復帰で、3年ぶりのテストマッチ出場を目指す。競争が激しいSHでは、茂野海人が3人のうちのひとりに選ばれた。

 その一方、ベテランのHO堀江翔太(パナソニック)は足の疲労骨折が判明し、外れた。全治6か月の見通しで、手術する可能性もあるという。同じく経験豊富なCTB立川理道(クボタ)は、ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチが「求めているレベルに達していない」との理由で、今回選出されなかった。

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕まで1年を切り、キャプテンを務めるリーチ マイケルは「選手選考は、だんだんと難しいものになってきました。選手たちが毎日自分たちをアピールし、コーチ陣の選考を困難にしています。新顔の選手も、戻って来た顔なじみの選手もたくさんおり、彼らがチームに活気や経験値を加えてくれるはずです」とコメントした。

 日本代表は、10月14日から宮崎で合宿に入り、26日には、改修後初の試合開催となる東大阪市花園ラグビー場で世界選抜(World XV)を相手に強化試合をおこなう。
 そして、11月3日に東京・味の素スタジアムで、世界ランキング1位のニュージーランド代表“オールブラックス”に挑戦。その後、イングランドへ遠征し、オールブラックス戦から2週間後の17日に聖地・トゥイッケナムスタジアムで、前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズが指揮するイングランド代表と戦う。ニュージーランドとイングランドはともに、来年のワールドカップで優勝候補と見られており、地元開催の大舞台でベスト8以上を狙う日本にとっては現在地を確認する貴重なテストマッチとなる。
 さらに、ワールドカップ2019の開幕戦でぶつかるロシア代表とも、今秋対戦することが決定。“前哨戦”は11月24日、グロスター(イングランド)のキングスホルムスタジアムでおこなわれる。

 リーチ主将は「秋のテストマッチシリーズをものすごく楽しみにしています。このシリーズは、私たちの準備状況がどこまで進んだかを測るよい機会です。日本は、世界トップのチームたちと対戦することができ、本当に恵まれています」と話し、ビッグチャレンジに燃える。


<リポビタンDチャレンジカップ2018/リポビタンDツアー2018 日本代表メンバー>

【PR】
浅原 拓真(東芝ブレイブルーパス/12 caps)
稲垣 啓太(パナソニック ワイルドナイツ/22 caps)
具 智元(ホンダヒート/5 caps)
ヴァル アサエリ愛(パナソニック ワイルドナイツ/3 caps)
三上 正貴(東芝ブレイブルーパス/33 caps)
山下 裕史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/49 caps)
山本 幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ/5 caps)

【HO】
坂手 淳史(パナソニック ワイルドナイツ/10 caps)
庭井 祐輔(キヤノンイーグルス/6 caps)
堀越 康介(サントリーサンゴリアス/1 cap)

【LO】
アニセ サムエラ(キヤノンイーグルス/10 caps)
中島 イシレリ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/―)
ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモレッドハリケーンズ/6 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/9 caps)

【FL】
徳永 祥尭(東芝ブレイブルーパス/10 caps)
西川 征克(サントリーサンゴリアス/1 cap)
布巻 峻介(パナソニック ワイルドナイツ/6 caps)
リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス/56 caps)

【NO8】
ツイ ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/40 caps)
姫野 和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ/6 caps)

【SH】
茂野 海人(トヨタ自動車ヴェルブリッツ/6 caps)
田中 史朗(パナソニック ワイルドナイツ/67 caps)
流 大(サントリーサンゴリアス/12 caps)

【SO】
田村 優(キヤノンイーグルス/51 caps)
松田 力也(パナソニック ワイルドナイツ/13 caps)

【CTB】
梶村 祐介(サントリーサンゴリアス/―)
ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラレッドスパークス/3 caps)
中村 亮土(サントリーサンゴリアス/13 caps)
ラファエレ ティモシー(コカ・コーラレッドスパークス/11 caps)

【WTB】
福岡 堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/27 caps)
ヘンリー ジェイミー(トヨタ自動車ヴェルブリッツ/―)
山田 章仁(パナソニック ワイルドナイツ/24 caps)
レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダヒート/8 caps)

【FB】
野口 竜司(パナソニック ワイルドナイツ/13 caps)
松島 幸太朗(サントリーサンゴリアス/30 caps)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2