海外

サンウルブズの国内練習拠点は千葉県市原市へ 市原スポレクパークで活動


2018年は3勝したサンウルブズ。来年はさらなる奮闘と躍進が期待される(Photo: Getty Images)


 スーパーラグビー日本チームのサンウルブズを運営するジャパンエスアールは9月28日、サンウルブズの国内練習拠点を、2019シーズンは千葉県市原市にすることが決まったと発表した。
 昨季までは主に東京・辰巳グラウンドで練習等をおこなってきたが、2019シーズンは千葉の市原スポレクパークを拠点とする。

 サンウルブズの2019シーズンの活動は、1月14日から市原市で練習を開始し、同19日からは大分県別府市で約一週間合宿を実施。その後、市原市に戻り、2月15日の開幕(サンウルブズは翌日にシャークスと初戦)に向けて準備をおこなう。

 なお、千葉県市原市とのパートナーシップ協定を結ぶ調印式は、来月2日におこなわれる予定。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2