コンテンツ

RWC2019日本大会1年前イベント盛況 銀座ソニーパークに約3万人

左から渡部建さん、山崎紘菜さん、畠山健介選手。
ラグビーワールドカップ2019開催都市特別サポーター(東京)に就任


 来年9月20日から11月2日まで日本全国12会場でおこなわれる「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」の開幕1年前を記念し、9月23日(日)に銀座ソニーパークにて1年前イベントが開催された。
 東京でのワールドカップ開催を盛り上げる開催都市特別サポーター(東京)の就任セレモニーをはじめ、芝生の上でのラグビー体験コーナーや人気雑誌『CanCam』のモデルによる、女性がラグビー観戦を楽しむためのトークショーなど、催しが目白押し。

 東京都によると、会場には延べ29,304人が集まり大きな盛り上がりを見せた。

 ラグビーワールドカップ2019開催都市特別サポーター(東京)には、幼少期からラグビーに触れていたというお笑い芸人の渡部建さん、2013年から全国大学ラグビー選手権大会のイメージモデルを務めていた女優の山崎紘菜さん、ワールドカップ2大会出場の経験がある日本代表78キャプ保持者の畠山健介選手(サントリーサンゴリアス)が就任。セレモニーでは、東京都の猪熊純子副知事よりサポーターへ、肩書の書かれた名刺とたすきが授与された。

 父親が強豪社会人ラグビー部を擁する企業勤務だったゆえに少年時代からラグビー観戦が大好きだったという渡部さんは、「ラグビーが好きで、こんな大役に就任させていただき大変光栄に思っています。全力で盛り上げたいです」と1年後に迫った大会開催に向けての思いを語った。
 山崎さんは「私もラグビーが本当に好きなので、魅力をたくさんの人に伝えたいです。SNSでの発信も積極的にして、まずはこの東京から盛り上がりを広められるように頑張ります!」と熱く話した。 
 
 トークショーでラグビーの魅力を聞かれた畠山選手は「ついに1年前になったかと非常に興奮しています。2015年の大会(優勝候補だった南アフリカを破るなど歴史的な3勝を遂げた)から皆さんの認知度・メディアに取り上げられることが明らかに増えました。あの大会は確実に追い風になったと思うし、現場も2015年の大会を契機に、日本は十分世界と戦えるんだな、というように精神的なリミッターが外れたように感じています」と、自身も出場した2015年のワールドカップを振り返り、2019年の日本開催への期待感を語った。


◆CanCam専属モデルによるトークショーも

 人気女性誌「CanCam」によるスペシャルトークショー「ラグGIRL養成講座」もおこなわれ、CanCam専属モデルのトラウデン直美さん、まい(chay)さんが、スポーツ観戦にぴったりな日本代表のチームカラーでもある「赤」を効かせた観戦コーディネートで登場。トラウデンさんはおすすめの観戦コーデについて「最近流行っているラガーシャツにパールのイヤリングなどを着けて、スポーティーな中にも女性らしさを出すことが大切」とコメントし、ラグビー観戦をおしゃれとともに楽しむ“ラグGIRL”を広めていきたいと目を輝かせた。   
◆小池百合子東京都知事がラグビー体験!

 一般の方がラグビー体験をできるブースも登場し、急遽訪れた小池百合子東京都知事も、実際にプロラグビー選手とラグビーを体験した。元ラグビー日本代表で、現在は解説者としても活躍する今泉清さんから「パスをするときは、リンゴを割るようなイメージで手首のスナップを効かせて投げます」とアドバイスされ、困惑しながらも、数度のパス練習でコツをつかんだ小池都知事。日野レッドドルフィンズの選手4人が力強く組んだ「リフト」の上の選手にラグビーボールを見事パスしていた。
 ラグビーの楽しさを体感した都知事は、「銀座のど真ん中にラグビーのフィールドができました。ラグビーワールドカップが東京(東京スタジアム)で開催されるということで、“4年に一度じゃない、一生に一度だ”という大会キャッチフレーズの通り、この貴重な大会を皆さんで応援しましょう」と会場の人々に力強く語っていた。

2

ラグビー体験ブースに登場した小池百合子東京都知事

R80PC2RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2