W杯

ラグビーワールドカップ2019日本大会 1年前記念イベント開催

RWC2019まであと1年。記念イベントにスペシャルゲストの櫻井翔さん(前列右)らが出席した
(Photo: World Rugby via Getty Images)


 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕まで、ちょうど1年前となった9月20日、東京の明治記念館で「1 YEAR TO GO KICK-OFF EVENT」が開催された。
 この1年前記念イベントには、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長、アグスティン・ピチョット副会長、ブレット・ゴスパーCEO、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の御手洗冨士夫会長、嶋津昭事務総長、日本ラグビーフットボール協会の岡村正会長、日本代表のジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ、東京都の小池百合子知事、スポーツ庁の鈴木大地長官、ラグビーワールドカップ2019アンバサダーの大畑大介さん、俳優の舘ひろしさん、アイドルグループ嵐の櫻井翔さんらが出席。

 9年前に日本を開催地として選んだワールドラグビーカウンシルのメンバーであるボーモント氏は、「アジア全域でスポーツを広げる絶好の機会になるだろうと信じていたので、ワールドラグビーは大会開催地として日本を選びました。大会開催1年前の今、このようにお話しできるのを嬉しく思います。我々は2019年の日本大会が非常に特別で、また革新的なラグビーワールドカップになり成功すると確信しております」とコメントした。

 ラグビー経験者であり、ラグビーを愛する舘さんは、大会PRキャプテンに就任し、これを機に初めてTwitterのアカウント(@Tachi_RWC2019)を開設すると発表。次のように意気込みを語った。
「ラグビーは、フェアプレー精神のもと激しく肉体をぶつけ合う素晴らしいスポーツです。その世界の頂点を決めるラグビーワールドカップがもう1年前に迫り、私も待ちきれない思いです。日本代表の試合はもちろん、全48試合が見逃せない戦いとなります。その魅力をぜひ多くの方に伝えたく、私もTwitterにチャレンジし、ラグビーワールドカップの魅力を発信していきます!」

2

ラグビーワールドカップ2019日本大会 PRキャプテンに就任した舘ひろしさん
(Photo: World Rugby via Getty Images)

R80PC2RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2