W杯

秋篠宮殿下がラグビーワールドカップ2019日本大会の名誉総裁に御就任


 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、秋篠宮殿下をラグビーワールドカップ2019日本大会の名誉総裁に推戴申し上げたいとしてお願いをしてきたところ、この度、秋篠宮殿下には、名誉総裁に御就任いただくことになったと発表した。

 御就任期間については、大会開幕1年前となる2018年9月20日から大会閉幕日(2019年11月2日)まで。
 
 秋篠宮殿下の名誉総裁御就任を受け、大会組織委員会の御手洗冨士夫会長は、「この度、秋篠宮殿下におかれましては、ラグビーワールドカップ2019日本大会の名誉総裁に御就任いただき、厚く御礼申し上げます。日本で、そしてアジアで初めて開かれる本大会に対し、内外の理解と協力を一層進める上で大変意義深く、また、本大会の準備に携わる全ての関係者にとりまして大変光栄であり、大きな喜びであり、励みになるものでございます。本組織委員会といたしましても、引き続き大会の準備を精力的に進めてまいりますので、今後とも皆様の御理解と御支援をお願い申し上げます」と談話を発表した。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2