海外

タスマン3連勝! NZの国内最高峰リーグも熱戦が続く


タスマンに復帰したオールブラックスメンバーのNO8シャノン・フリゼル(Photo: Getty Images)

 ニュージーランドの国内リーグは週を重ねるごとに盛り上がりは増すばかりだ。先々週の第2節では、疲労回復のため開幕戦を休養していたスーパーラグビーのスターが続々復帰した。そして第3節、新たにマイター10カップに熱狂と興奮をもたらしたのはオールブラックスの面々だ。計7名の選手が一時的に各所属チームに復帰し、国内のラグビー界をより一層盛り上げた。

 昨季王者カンタベリーを開幕戦で破り、今最も勢いに乗るタスマンにも2人のオールブラックスが加勢した。191cm、118kgのPRティム・ペリーと、195cm、108kgのFL/NO8シャノン・フリゼルだ。昨季ベスト4のノースハーバーを相手にパワーアップしたFW陣が奮闘する。フリゼルは何度もディフェンスラインを突破、自身も1トライをあげ、MVP級の活躍でチームに貢献した。後半途中までスクラムを牽引したペリーに代わって出場したのが、スーパーラグビー通算200試合出場を果たしたクルセイダーズのレジェンド、ワイアット・クロケットである。タスマンの選手層は例年以上に厚い。一時は2点差に詰め寄られるも、高いポゼッションを誇り32-20で勝利を収めた。次節は9月7日、同じく3連勝中のオークランドとの決戦を乗り越え優勝へ一歩近づけるか。

2

副将としてタスマンを牽引するPRワイアット・クロケット (Photo: Getty Images)

 先週惜しくもカンタベリーに敗れたウェリントンにもビッグネームが2名復帰した。FLアーディー・サヴェアとSHのTJ・ペレナラである。加えて、スーパーラグビートライ王の称号を得ながらオールブラックス入りが叶わなかったWTBベン・ラムはハットトリックの活躍ぶり。ハリケーンズのメンバーが存分に存在感を発揮し、サウスランドを52-7で退けた。実はプレシーズンマッチでタスマンを破っているのがこのウェリントンだ。優勝争いに絡んでくることは間違いない。

3

力強い走りを見せるウェリントンのWTBベン・ラム (Photo: Getty Images)

 ブレディスローカップでオーストラリアを見事に退けたオールブラックスは母国に戻り、9月8日にアルゼンチンを迎え撃つ。引き続きマイター10カップは第4節の真っ盛りである。ニュージーランダーは今週もテレビに釘付けになりそうだ。
(文:飯嶋進策)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2