コンテンツ

高橋克典さん、伊藤剛臣さんが新宿で熱弁。「新宿ラグビーまつり2018」始まる。

左端が高橋克典さん。その右が伊藤剛臣さん。(撮影/松本かおり)

スト

子どもも大人もストリートラグビーを楽しんだ。(撮影/松本かおり)

しん

新宿でラグビー。発信力は大きい。(撮影/松本かおり)



 高層ビル群の中に楕円球がとけこんでいた。
「新宿ラグビーまつり2018」が8月24日(金)に始まった。
 東京・新宿中央公園、水の広場にラグビー愛好家、その予備軍が大勢駆けつけた。楽しみ方はそれぞれだった。

 このイベントは、「オープンラグビー」をキーワードに実現したものだ。
 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕は1年後。ジャパンラグビートップリーグ2018-2019の開幕間近。そんな中で、これまでは自分たちの世界にとどまっていた日本ラクビーの扉を開け放とうというイメージだ。
 楕円球の魅力を通して、ラグビー界と企業や自治体、地域がつながれば、新たな世界が創出される。素敵なプランだ。

 昼間は強い日差しが照りつけるも、夕方には心地よい風も吹いたイベント初日。会場には早い時間からファンの姿があった。
 この日のトークイベントに出演する高橋克典さん(俳優)がお目当ての人。グループでテーブルを囲み、ビールで喉を潤すグループ。仕事帰りに誘い合わせて来たファンもいた。
 特設芝生フィールドではストリートラグビーを体験する人たちの笑顔があった。

 トークショーは盛り上がった。
 高橋克典さん、伊藤剛臣さんがそれぞれ独自のラグビー愛を語り、叫んだからだ。
 9月1日からNHKで始まる土曜ドラマ「不惑のスクラム」に出演する高橋さんは、その撮影エピソードや学生時代のラグビー部での日々を熱っぽく語った。
「ラグビーには、誰かひとりに突然いいことがあるわけではない。みんなで押していくことがいい」
 ラグビーマンが集まればすぐに垣根を取っ払い、仲間と認め合うところも好きだと言った。

 伊藤さんは、特にFWの絆や素晴らしさを大声で話した。
「釜石シーウェイブスでは(スクラムで)10代のお尻を押し、10代にお尻を押されていました」
 年齢を超えてFWとして結束できる素晴らしさ、日本ラグビーが世界へ挑むことの魅力を訴え、ワールドカップへ向けてもっとラグビーファミリーで機運を高めようと呼びかけた。

「新宿ラグビーまつり」は、8月25日も下記のスケジュールで開催される。

<新宿ラグビーまつり2018>
■開催場所:新宿中央公園 水の広場(東京都新宿区西新宿2−11) ※ 新宿駅西口から徒歩約10分

【イベント内容】
(1)ストリートラグビー体験会
会場内に芝生のフィールドを設置し、ガイドプレーヤーのサポートのもと、初めてでも楽しめる3 on 3ラグビーにご参加いただけます。

(2)トークショー

■8月25日(土) 15:30〜16:30
・瀧澤直(NECグリーンロケッツ所属)
・金正奎(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス所属) 
・中川家(芸人)
 
(3)ミュージックライブ
■8月25日(土) 17:00〜17:30
◇出演者 (予定) :
・寺田有希(ストリートラグビー公式応援ソング『さあ いこう』)
・カンタス村田(カルナバケーション)(2017-2018トップリーグエンディング曲『声あつめて』)
・ 渡瀬あつ子(日本ラグビー応援ソング『楕円桜』)

(4)ビアガーデン&フードコート

※ イベントの詳細は特設サイト(http://www.shinjukurugbyfes.com)でご確認ください。

■主催:新宿ラグビーまつり2018実行委員会
■特別協賛:小田急電鉄株式会社
■後援:東京都・ジャパンラグビートップリーグ





RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2