国内

今季TL第7節は「プロテクト節」 日本代表は準備調整へ。外国籍選手数変更


夏、トップリーグ開幕へ向け強化するサントリーと神戸製鋼(撮影:Hiroaki.UENO)

 日本ラグビー協会は8月10日、ジャパンラグビートップリーグ2018-2019シーズンの第7節(10月20日)を「プロテクト節」にすると発表した。プロテクト節では、日本代表事業部よりプロテクト対象に指定された選手は試合に出場することができなくなる。これは、10月26日、11月3日、17日に開催される日本代表戦に向けた準備および選手のコンディション調整を目的として実施するという。

 それに伴い、ジャパンラグビートップリーグでは、第7節における外国籍選手の試合エントリー数およびオン・ザ・ピッチ数(フィールドオブプレーに入ることができる選手の数)について、以下の通り変更する。
 なお、プロテクト対象選手は決定次第、日本ラグビー協会から発表される。


<トップリーグ 2018-2019 第7節(10月20日) プロテクト節について>

2


<参考>
ジャパンラグビー トップリーグ規約
■第35条〔外国籍選手〕

1.外国籍選手とは、外国籍を持つ選手のうち、日本国以外の国代表歴のある選手(日本代表になる可能性がない選手)を指し、同時出場は2名までとする。

2.特別枠選手とは、外国籍であり日本代表の選手及び日本代表になる可能性がある選手を指し、同時出場が3名までとする。但し、公式試合開催時、代表チーム活動による拘束があった場合、追加1名の同時出場を認める。(拘束人数により、追加人数を増加させる場合もある)
    @日本代表拘束選手人数1人〜3人⇒特別枠選手は1人とする。
    A日本代表拘束選手人数4人〜6人⇒特別枠選手もしくは他国代表歴選手は2人とする。
    B日本代表拘束選手人数7人以上⇒リーグと当該チームで協議して追加人数を決定する。

3.アジア枠選手とは、アジア・ラグビーフットボール協会加盟国協会の国籍を持ち、且つ、日本協会を含むARFU加盟国協会の代表選手となる資格を有する選手を指し、同時出場は1名までとする。但し、南半球、欧州の“トップリーグ(13人制のラグビーリーグを含む)”でプレーした経験のある選手は除く。“トップリーグ(13人制のラグビーリーグを含む)”とはその地域での最上位のリーグを指す。6月末までにアジア枠選手として登録しなければならない。

4.試合へのエントリー人数(リザーブ選手を含む23名)は特別枠選手、外国籍選手(アジア枠選手は含まず)合計6名までとする。但し代表チーム活動による拘束があった場合の追加選手はその人数に含まない。また、アジア枠選手及び特別枠選手は、チーム事情により外国籍選手としても試合出場を可能とする。尚、この場合であっても同時出場は外国籍選手出場枠2名、アジア枠選手出場枠1名、特別枠選手出場枠3名は変らないものとする。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2