Nations

第26回日韓中ジュニア交流競技会 U17日本代表メンバー決定

競争と交流。U17年代の貴重な体験になる
(写真は5月のサニックスワールドユース/撮影:Hiroaki.UENO)

 今月下旬に韓国の全羅南道麗水市で開催される「第26回 日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技に参加する、U17日本代表のメンバーが日本ラグビー協会から発表された。8月2日〜4日に長野・菅平高原にておこなわれた2018年度U17TIDユースキャンプで選考され、決定した。
 浅野良太監督(國學院大學栃木高校)が率いるU17日本代表は、8月24日に全羅南道選抜と対戦し、26日にU18韓国代表戦、27日にU18中国代表戦をおこなう。


<第26回 日韓中ジュニア交流競技会 U17日本代表メンバー>

【PR】
江良 颯(大阪桐蔭)、津村 大志(御所実業)、中山 律希(天理)、小西 優治(東福岡)

【HO】
松下 潤一郎(筑紫)、福澤 慎太郎(本郷)

【LO】
山本 嶺二郎(京都成章)、亀井 茜風(長崎北陽台)、新屋 快(大阪桐蔭)

【FL/NO8】
西濱 悠太(東福岡)、谷山 隼大(福岡)、小嶋 大士(日川)、奥井 章仁(大阪桐蔭)

【SH】
大越 勇気(茗溪学園)、稲葉 聖馬(御所実業)

【SO】
廣瀬 雄也(東福岡)、伊藤 耕太郎(國學院栃木)

【CTB】
永山 淳(國學院久我山)、伊藤 大祐(桐蔭学園)、岡ア 颯馬(長崎北陽台)

【WTB/FB】
高本 とむ(東福岡)、谷口 宜顕(東海大大阪仰星)、戒田 慶都(新田)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2