コンテンツ

釜石鵜住居復興スタジアム竣工記念試合 J SPORTSで無料生中継


ラグビーワールドカップ試合会場の釜石鵜住居復興スタジアムが遂に完成(イメージ)

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕までまもなく1年となるなか、ワールドカップの試合会場であり、東日本大震災からの復興の象徴でもある「釜石鵜住居復興スタジアム」(岩手県)が、8月19日に開場する。
 これを記念して、ラグビーのまち・釜石の象徴でもあり、日本選手権7連覇の偉業を達成した伝説のチーム「新日鐵釜石ラグビー部」を起源に持つ釜石シーウェイブスが、トップリーグの強豪であるヤマハ発動機ジュビロを迎えてのメモリアルマッチを同スタジアムでおこなう。

 国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は、この釜石鵜住居復興スタジアムオープニングDAYメモリアルマッチ「釜石シーウェイブス vs. ヤマハ発動機ジュビロ」(14時〜)を無料生中継すると発表。
 さらに、スマートテレビ、スマホ、PCなどで見られる「J SPORTS オンデマンド」では、メモリアルマッチに加えて、当日合わせておこなわれる新日鐵釜石OBと神戸製鋼OBによるレジェンドマッチ(12時〜)やオープニングイベント(13時〜)なども会員無料でLIVE配信する。
 
 なおメモリアルマッチは、ラグビーワールドカップ2019日本大会をいち早く味わえる空間として、丸ビル1階の丸キューブ(東京)にて開催される「MARUNOUCHI SPORTS FES 2018・丸の内ラグビーパーク」においてパブリックビューイングも実施される。 

 また、同日13時からJ SPORTS 4では東日本大震災からの復興に迫ったドキュメンタリー番組「がれきの街に夢を 〜ラグビーに愛された街・釜石〜」を再放送する。 

2

メモリアルマッチでは釜石シーウェイブスがヤマハ発動機ジュビロと対戦

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2