セブンズ

広島と仲間を愛すセブンズ日本代表、ジョー・カマナ。W杯で「貢献」誓う。

15人制ではCTBとしてプレー。セブンズでもボールキャリーに強味を見せる。お好み焼きが好き。
(撮影/松本かおり)



 193センチ、104キロの体躯を誇る。力強く前に出るパフォーマンスが強味だ。
 初めてセブンズ日本代表の一員として参加したワールドラグビー・セブンズシリーズのシンガポール大会(2018年4月)では、チームが完敗したフィジー戦でも気を吐き、後半にトライを奪った。
 ディフェンダーをパワーでふりほどき、加速。そして鋭角なステップで抜いて、最後は相手を引きずりながら40メートルを走り切る圧巻の爆発力だった。
 そのジョー・カマナが男子セブンズ日本代表のひとりとして、7月20日に開幕するワールドカップ・セブンズへ向かう。
 上位進出を狙うチームの大きな戦力として期待がかかる。

 トップチャレンジリーグを戦いの場とするマツダブルーズーマーズに加わって4年目を迎えたカマナは26歳。クック諸島出身の両親の間に、ニュージーランドのハミルトンで生まれた(トコロア)。
 5歳でラグビーを始め、地元・フレイザー高を卒業した後は、豪州・メルボルンに渡り、ラグビー・リーグクラブでプレーした後にイタリアでも楕円球を追った。ふたたび南半球に舞い戻り、豪州国内選手権のメルボルン・ライジングで活躍すると、日本行きのチャンスをつかむ。お兄さん、ジェームズ・カマナは釜石シーウェイブスに所属したことがあり、セブンズNZ代表に選ばれた経験も持つ。

 サンフランシスコへ向かう前、男子セブンズ日本代表は、東京・辰巳でトレーニングを重ねている。炎天下で基本プレーとチーム戦術の確認、フィットネス向上を図る集団の中でカマナも汗を流した。
「このメンバーに選ばれたことは光栄。自分の持ち味であるアタックを発揮してチームに貢献したい」
 今年2月の和歌山合宿からセブンズ代表スコッドに加わり、練習、試合を通して高評価を得て大舞台に立つ権利を手にした。トップチャレンジリーグや九州セブンズでのプレーも見て選出した岩渕健輔ヘッドコーチも、ボールキャリアーとしての資質に期待を寄せる。

 スーパーラグビーでの活躍など、大きな実績のない男が日本で才能を発揮できたのは、高い順応性があるからだ。チーム(マツダ)を愛し、仲間との絆を太くしたことで、輝くことができた。
 ブルーズーマーズのスタッフは、カマナのことを「礼儀正しく、練習でも試合でもチームの中心」と話す。
「普段の態度が素晴らしいから、みんなに信頼されています。うちのエースで四番のような存在。今回の代表選出はチームにとっても誇りです。周囲とコミュニケーションがとれる人間。間違いなくチームに貢献すると思います」
 本人も、仲間たちのサポートを忘れない。
 先の大雨により、広島は甚大な被害を受けた。仲間とは頻繁に連絡を取った。
「お世話になっている方の家が被害にあったと聞いています」
 自分の活躍が、少しでも被災者を勇気づけることになればと思う。

 シンガポールでのフィジー戦でつかんだ手応えがある。
「相手が世界的な強豪チームであろうと、何も臆することはない。周囲の選手と連係を取って戦えば、やれる」
 ワールドカップでの初戦の相手はウルグアイ。それに勝てばフィジーと対戦する。その関門を突破しない限りは上位進出はない。
 人のために体を張れる男は、サンフランシスコでもリオ五輪金メダルチーム相手にビッグパフォーマンスを披露することを誓う。

◆ワールドカップ・セブンズ2018の模様は、無料動画配信チャンネル AbemaTVで全試合が生中継されます。









RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2