セブンズ

来季ワールドセブンズシリーズの日程発表 女子は1大会増え北九州開催も決定

今年の北九州セブンズ(女子)カップ決勝で戦ったNZとフランス
(Photo: Mike Lee - KLC fotos for World Rugby)


 2020東京オリンピックの出場権もかかってくる「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2019」のスケジュールが決定した。

 女子は1大会増えて全6ラウンドとなり、今年10月20日、新たな開催地であるアメリカのコロラドでキックオフを迎える。北九州大会は3年連続の開催が決定し、第4ラウンドに組み込まれた。
 女子セブンズ日本代表はコアチーム(トップ11)から降格したため来季の女子セブンズシリーズに常時参戦することはできないが、北九州大会は招待チームとして参加することが予想される。

 男子は昨シーズンと同じく全10ラウンドで、開催地に変更はない。女子から1か月遅れ、11月30日にドバイで開幕となる。
 男子セブンズ日本代表はコアチーム(トップ15)復帰を決めており、2季ぶりのフル参戦で奮闘が期待される。


<男子スケジュール>
1.ドバイ大会(UAE) 2018年11月30日〜12月1日
2.ケープタウン大会(南アフリカ) 2018年12月8日〜9日
3.ハミルトン大会(ニュージーランド) 2019年1月26日〜27日
4.シドニー大会(オーストラリア) 2019年2月2日〜3日
5.ラスベガス大会(アメリカ) 2019年3月1日〜3日
6.バンクーバー大会(カナダ) 2019年3月9日〜10日
7.香港大会(香港) 2019年4月5日〜7日
8.シンガポール大会(シンガポール) 2019年4月13日〜14日
9.ロンドン大会(イングランド) 2019年5月25日〜26日
10.パリ大会(フランス) 2019年6月1日〜2日

<女子スケジュール>
1.コロラド大会(アメリカ) 2018年10月20日〜21日
2.ドバイ大会(UAE) 2018年11月29日〜30日
3.シドニー大会(オーストラリア) 2019年2月1日〜3日
4.北九州大会(日本) 2019年4月20日〜21日
5.ラングフォード大会(カナダ) 2019年5月11日〜12日
6.パリ大会(フランス) 2019年5月31日〜6月2日

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2