コンテンツ

「もっとドキドキしよう、ニッポン。」 エディー、菊谷両氏が沖縄で指導

写真左がエディーさん。オフェンスやディフェンスの基本スキルの練習や実戦形式の練習をおこなった


 2015年のラグビーワールドカップで日本代表を率いて歴史的な3勝を遂げ、現在はイングランド代表のヘッドコーチを務めるエディー・ジョーンズ氏が、6月30日に沖縄県でラグビー教室をおこなった。スポーツくじ(toto・BIG)が「もっとドキドキしよう、ニッポン。」をキーワードに開催する「GROWING教室」の第1回目のゲストとして呼ばれ、元日本代表主将の菊谷崇氏とともに、沖縄県内の高校から選抜された50人の学生を相手にラグビー教室をおこなった。

 ジョーンズ氏は教室終了後、「学生たちは、最初は恥ずかしがっていたが、ラグビーの醍醐味であるコミュニケーションをしながらプレーすることを、練習が進むにつれてできるようになっていた。今回は違うチーム同士だったが、最後はそんなことを感じさせないくらい本当のチームワークが生まれていたので、今回の学生たちの成長に感銘を受けた。沖縄はラグビーをするのに最適な場所でもあるので、もっと練習を楽しんで欲しい。練習中から自分がどれだけ上達できるのかということを念頭において練習することが非常に大事である」と語った。 

 GROWING教室に参加した代表生徒は、「世界的名将のエディー・ジョーンズさんから貴重な指導を受けることができ、夢のようでした。代表選手がふだん受けているような練習を受けることができたことは、今後、沖縄全体のラグビーのレベルアップにつながると思います」と充実の一日を振り返った。
(写真・情報提供:オズマピーアール)

2

熱心に指導する世界的名将

3

参加者全員で記念撮影。写真右端が菊谷崇氏

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2