Nations

ジェイミー・ジョセフHCは「アライメント」重視。6月ツアー総括。


充実した表情で6月のテストシリーズを振り返るジェイミー・ジョセフHC(撮影:松本かおり)

 2016年秋に就任したラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ(HC)が6月27日、東京・秩父宮ラグビー場で会見。同月のテストシリーズを振り返り、今後の展望を語った。

 戦績を2勝1敗とした。9日にイタリア代表を34−17で下すも(大分・大分銀行ドーム)、続く16日は同じ相手に22−25と敗戦(兵庫・ノエビアスタジアム神戸)。もっとも23日にはジョージア代表に28−0と完封勝ちしたとあって(愛知・豊田スタジアム)、指揮官はまず前向きに総括する。

「いいツアーになりました。選手は自信を持ってプレーできたし、いい判断も見せられた。スキルも最高レベルのものを発揮し、いくつかの素晴らしいトライにつながりました。ジョージア代表戦は完封だったのが素晴らしかった。アライメント、コミットメントも見えて、チームのキャラクターが確立された。それが嬉しいことでした」

 ここでの「アライメント」は選手間、および選手とスタッフとが団結しているさま、「コミットメント」はそれぞれが主体的にチームを作ろうとする態度のことを指しているだろう。

 芽生えつつある選手たちの自主性、指揮官を兼務するサンウルブズ(スーパーラグビーの日本チーム)の立ち位置について、こうも話した。

「過去(2016年)に堀江翔太、立川理道が務めてきた主将は、いまリーチ マイケルが務めていますが、このシリーズでは流大の役割が大きかった。彼はサントリー、サンウルブズの経験が大きく(両チームで主将)、サポートしてくれた。田中史朗(日本人初のスーパーラグビープレーヤー)もいろいろなところで自分の経験を活かし、チームをサポートしてくれた。これらのことは勝負とは別に特筆すべき点です」

「サンウルブズにはナイーブな側面がある。ただ、他のチームがかれこれ20年くらいプロで活動するなか、サンウルブズは一部の選手、スタッフがアマチュアで、会社に所属している形が多い。そのなかで少しずつ機能し、いまは(2016年の始動以来)過去最高のシーズンを送っている。日本協会がスーパーラグビー参戦を決断したことで、選手、コーチにとってのパスウェイが築かれたと思います」

 イタリア代表やジョージア代表はそれぞれ世界ランクで14位、13位(最新:6月25日時点)。11位の日本代表とほぼ同格だ。しかし2019年のワールドカップ日本大会で、日本代表は2位のアイルランド代表、7位のスコットランド代表という格上とぶつかる。

 さらなる底上げが期待されるなか、指揮官はメンバーの固定化や連携強化のための時間、選手への休暇などを必要とする。

「選手たちとある程度、一緒に時間を過ごしてラグビーをするのが重要」としながら、一方で、「2019年にいいパフォーマンスをするには、ウェルフェア(福利)にも目を向けなければならない」とも続ける。

 スーパーラグビーのレギュラーシーズンは7月中旬まで続き、8月末からは国内のトップリーグが開幕するが、指揮官のスタンスは「ラグビーから離れ、家族と過ごす時間も必要。ひとつの大会が終わったらまたすぐ次の大会があるという現状は、少し気になっています」というもののようだ。

「私は意識的に、アライメントという言葉を使ってきました。日本ラグビー協会としてワールドカップ8強という目標を持っている。それが叶えられるということは、その背景にはアライメント、(スタッフから)選手へのアクセスが十分にあったということを意味するでしょう」

 ジョセフHCは腰の手術のため、この日のうちに母国ニュージーランドへ渡った。サンウルブズの指揮はトニー・ブラウンHC代行に任せ、英気を養う。
(文:向 風見也)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2