国内

トップイーストDiv.1は9月8日開幕 元TLチームのセコムなどが参戦

トップイーストDiv.1に属するセコムラガッツ。トップリーグで3季戦った歴史を持つ
(撮影:松本かおり)


 関東ラグビー協会は6月28日、「2018 トップイーストリーグ Div.1」の試合日程を発表した。
 開幕は9月8日。
 今年度新たに、Div.2から昇格した船岡自衛隊ワイルドボアーズが加わり、東京ガス、横河武蔵野アトラスターズ、清水建設ブルーシャークス、ヤクルトLEVINS、秋田ノーザンブレッツ、セコムラガッツ、クリーンファイターズ、明治安田生命ホーリーズ、日本IBMビッグブルーも参戦して、計10チームが11月25日まで総当たり戦をおこなう。

 10月26日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれる東京ガス×清水建設戦は、トップイーストリーグでは初の金曜ナイターとなる(トップチャレンジリーグとの併催)。

 最終順位が1位になったチームは、3地域チャレンジ(トップイーストDiv.1、トップウェストA、トップキュウシュウAの各1位による総当たり戦)へ進出。そして、3地域チャレンジの1位・2位はトップチャレンジリーグ8位、7位との入替戦に挑戦できる。
 トップイーストDiv.1の9位と10位は、Div.2の1位、2位との昇降格順位決定戦へ進むこととなる。



RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2