Nations

「ワークレートが高いと言われるようになるなんて」。福岡堅樹の充実。

将来の夢は医師。2020年の東京オリンピックにも出たい。(撮影/松本かおり)



 走ったら止まらない。
 走られても止める。
 福岡堅樹が好調だ。
 6月9日、日本代表はイタリア代表に34-17と勝った。その試合で背番号11は、自らトライを奪うだけでなく、攻守に幅広い動きを見せて勝利に貢献した。

 まず前半18分。先制トライに絡んだ。
 タッチに出たボールをクイックで入れた後のアタック。福岡は大外でボールをもらうと、相手のタックルを受けながら内につなぐ。NO8アマナキ・レレィ・マフィのトライを呼んだ。
「オフロード(パス)でボールを残すのは、サンウルブズでもやってきたことなので」
 相手がキツそうな表情をしていた。仲間がカウンターアタックを仕掛けることを予想していた。

 チーム2つめのトライ時(前半28分)には、高い個人技を見せた。ディフェンダーの動きをよく見て抜いた。
 自信が視野の広さを呼んでいる。
「外に抜ける、と思いました。相手は少し内側を気にしていたので」
 自陣10メートルラインの手前でパスを受けてから60メートル以上を走り切る間、タッチラインと5メートルラインの幅の中から出ることはなかった。

 チェンジオブペースで抜いた。
「(外には5メートルもなかったが)いけるスペースだな、と。気持ち良かった。このクラス相手に、ああいうトライはなかなか取れないので」
 置き去りにした相手はFBマッテオ・ミノッツィ。
 世界トップクラスを翻弄してみせた。

 多くの人が充実を感じるのは、アタックだけの選手ではないからだ。
 思い切って前に出るディフェンスシステム。ハマれば相手に大きなプレッシャーを与えるが、ウラを取られることも少なくない。
 そんな場面で何度もピンチを救った。

 前半14分、CTBミケーレ・カンパニアーロに自陣へ入り込まれたときも、この人が戻って止めた。
「走られたのは自分の責任でもあったので。リスクを覚悟して前に出ています。スピードを期待されているので、あそこは戻らないと」
 SHの位置から自分で持ち出し、前へ出るスペシャルプレーもあった。サンウルブズでも試していたプレーだ。そのオプションでパスアウトし、仲間を走らせることも。
 いたるところに背番号11がいた。

 何本でもトップスピードで走る。得点機を作り、失点を減らす。
 ワークレートの高さでチームへの貢献度はトップクラスだ。
「自分がワークレートが高い選手と言われるようになるなんて」
 以前は、「1本全力で走れば終わり」だったと笑う。
「セブンズ(7人制日本代表)での経験などで変わっていったと思います」と言う。

 GPSでの測定値が進化を示す。
 走行中のハイスピードの割合が大学時代は7パーセント。それが、いまは10数パーセントに増え、練習時は20パーセントを超える。
「チームでのトレーニングの成果もあるしし、そこに自分なりにやっていることも加わって変わってきました」
 求められる役割、期待に100パーセント応えようと思ったら、それくらいの運動量は必要だった。

 チームの進化を感じている。
 用意していたプレーが設計通りにいかなくても良い結果を出せるのは、コミュニケーションが充実しているからだ。一つひとつのプレーの精度も増した。
 そんな中にいるから自身が輝けていると自覚する。
 多くのシーンで自分が絡むプランをチームが持っていることに、「期待されているのは嬉しい」と語る。

 現在イングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督はジャパンの指揮を執っていたとき、「ケンキはブライアン・ハバナになれる(元南アフリカ代表WTB/テストマッチ通算67トライ)」と言った。
 現在テストマッチ通算トライは17。
 ハバナがピッチを去ったいま、世界が注目するスピードスターへの道を突き進む。







RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2