国内

小野澤宏時さん、清水エスパルスのアスレティックアドバイザー就任。

幅広い行動力。豊富な経験をアスリートの育成に注ぐ小野澤宏時さん。
(撮影/松本かおり)



 元日本代表で、現在はブリングアップアカデミーで指導する小野澤宏時さんが、出身地である静岡を本拠とするJリーグチーム 清水エスパルスのアスレティックアドバイザーに就任したことが、5月14日、チームから発表された。

 小野澤さんは静岡・島田市(旧金谷町)出身で、中高は日本平にある静岡聖光学院に通うなど、十代の頃からエスパルスは馴染の存在。今春、家族とともに故郷に戻り、名実ともに「地元のチーム」となった。「自分が中学の頃に立ちあがった地元サッカークラブと今回このような形で新たな関係が始まることに興奮しています」とコメントを出した。

 主な業務内容としては、トップチーム、アカデミーなど各カテゴリーの強化育成など、小野澤さんの持つ人脈を活用したエスパルス選手への専門的な教育、国内外の最先端情報の提供に加え、メディカルおよびフィジカルスタッフとの協力で選手のパーソナルデータ管理、個人トレーニング内容の作成などをおこなう。
 5月18日(金)から週1回程度の指導を予定している。

「プロのアスリートとして、試合前の準備やセカンドキャリアへの備えなど、サッカーではなくあえて違うスポーツと情報を共有したい、ということでお話をいただきました」
 ワールドカップ3大会出場、日本代表キャップ81は歴代2位。トップリーグ最多トライ記録保持者と数々の実績を誇るWTBの経験が、今度はサッカーの世界で生かされることになる。






RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2