Nations

NDSに新たに8人招集。学生のマキシ、タタフ、齋藤直人も沖縄合宿参加へ


写真左からファウルア・マキシ、テビタ・タタフ、齋藤直人(撮影:BBM)

 4月1日から7日まで沖縄県で実施されるNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプの参加メンバーが日本ラグビー協会から発表された。NDSキャンプは将来日本代表に選出される可能性のある高いポテンシャルを持った人材らが参加することになっており、日本代表ならびにサンウルブズの指揮官であるジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチとNDSキャンプを仕切る堀川隆延ヘッドコーチがセレクションミーティングをおこない、今回のメンバーを決定した。

 サンウルブズのスコッドのうち4月上旬のワラターズ戦とブルーズ戦へ向けたトレーニングメンバーに入らなかった選手や、3月におこなわれた2017年度第8回NDSキャンプのメンバーの多くが引き続き参加することとなり、さらに、新たに8人が招集された。

 ジュニア・ジャパンのメンバーとして3月のパシフィック・チャレンジに出場し、パフォーマンスを高く評価されたFLファウルア・マキシ(天理大)とNO8テビタ・タタフ(東海大)が参加。学生はもうひとり、早稲田大の3年生となる20歳のSH齋藤直人も呼ばれ、堀川ヘッドコーチは「パス、キック、ラン、判断力すべてを兼ね備えた選手であり、このレベルでどれくらいのプレーができるか、試してみたい」と注目している。

 東海大出身で4月からヤマハ発動機ジュビロの一員となるテストキャップ保持者のCTB鹿尾貫太も参加することとなり、「日本代表やサンウルブズが取り組んでいるディフェンスシステムを体現できる選手」として期待されている。BKではほかに、ニュージーランドへのラグビー留学が終わった2015年ワールドカップメンバーのFB藤田慶和(パナソニック)や、3月のSDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)強化合宿で1対1の強さや抜群のラグビーセンスを見せていたWTB近藤英人(クボタ)も沖縄で汗を流す。

 FWでは、昨年の秋に日本代表デビューを果たしたNO8フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車)も参加可能となり、セットピース、ディフェンスで存在感を示す若手のロックとして期待されている桑野詠真(ヤマハ発動機)も招集された。


<NDS 沖縄キャンプ 参加メンバー>

【PR】
浅原 拓真(東芝/2018サンウルブズ/日本代表 9 caps)
石原 慎太郎(サントリー/2018サンウルブズ/日本代表 8 caps)
垣永 真之介(サントリー/日本代表 9 caps)
須藤 元樹(サントリー/日本代表 2 caps)
三上 正貴(東芝/日本代表 33 caps)

【HO】
坂手 淳史(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 10 caps)
日野 剛志(ヤマハ発動機/日本代表 4 caps) ※ 2018サンウルブズ招集期間終了

【LO】
真壁 伸弥(サントリー/2018サンウルブズ/日本代表 36 caps)
アニセ サムエラ(キヤノン/日本代表 7 caps)
桑野 詠真(ヤマハ発動機)

【FL】
布巻 峻介(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 5 caps)
大戸 裕矢(ヤマハ発動機/日本代表 3 caps)
金 正奎(NTTコミュニケーションズ/日本代表 7 caps)
西川 征克(サントリー)
ファウルア・マキシ(天理大学4年/日本代表 2 caps)

【NO8】
テビタ・タタフ(東海大学4年/日本代表 3 caps)
フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車/日本代表 3 caps)

【SH】
内田 啓介(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 22 caps)
荒井 康植(キヤノン)
齋藤 直人(早稲田大学3年)

【SO】
立川 理道(クボタ/2018サンウルブズ/日本代表 54 caps)
松田 力也(パナソニック/日本代表 10 caps)

【CTB】
シオネ・テアウパ(クボタ/2018サンウルブズ/日本代表 3 caps)
鹿尾 貫太(ヤマハ発動機/日本代表 2 caps)
松本 仁志(豊田自動織機)
村田 大志(サントリー/日本代表 2 caps) ※ 2018サンウルブズ招集期間終了

【WTB】
山田 章仁(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 23 caps)
石井 魁(―)
吉良 友嘉(ヤマハ発動機)
近藤 英人(クボタ)

【FB】
藤田 慶和(パナソニック/日本代表 31 caps)


<サンウルブズ トレーニング(4月1〜15日)参加メンバー>

【FW 18】
稲垣啓太(パナソニック)、ヴァル アサエリ愛(パナソニック)、具智元(ホンダ)、クレイグ・ミラー(―)、庭井祐輔(キヤノン)、ジャバ・ブレグバゼ(―)、堀江翔太(パナソニック)、ジェームス・ムーア(―)、グラント・ハッティング(―)、姫野和樹(トヨタ自動車)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、サム・ワイクス(パナソニック)、エドワード・カーク(キヤノン)、ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、ピーター“ラピース”・ラブスカフニ(クボタ)、徳永祥尭(東芝)、ヴィリー・ブリッツ(主将/NTTコミュニケーションズ)、リーチ マイケル(東芝)

【BK 16】
田中史朗(パナソニック)、流大(主将/サントリー)、田村優(キヤノン)、ヘイデン・パーカー(―)、ジェイソン・エメリー(―)、ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、中村亮土(サントリー)、マイケル・リトル(三菱重工相模原)、ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ)、ホセア・サウマキ(キヤノン)、福岡堅樹(パナソニック)、セミシ・マシレワ(近鉄)、レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)、野口竜司(パナソニック)、松島幸太朗(サントリー)、ロビー・ロビンソン(リコー)

R80PC2RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2