Nations

ウェールズがフランスに競り勝ち2位 スコットランドも勝ち越しで終える

フランスとの激闘、力を出し切ったウェールズのアラン=ウィン・ジョーンズ主将(中央)
(Photo: Getty Images)


 アイルランド代表のグランドスラムとなった今年のシックスネーションズだが、それに次ぐ2位で大会を終えたのはウェールズ代表だった。地元カーディフで3月17日、フランス代表に14−13で競り勝ち、3勝2敗(総勝点15)で締めくくった。

 前半は1トライずつ奪い、14−13で迎えた67分(後半27分)、ウェールズに反則が出て、1点を追うフランスはPGで逆転チャンスだったが、SOフランソワ・トゥラン=デュックのショットはわずかに左へ外れた。
 70分にはフランスのWTBレミ・グロッソが左サイドを駆け上がったが、ウェールズの小柄だが勇敢なFBリー・ハーフペニーがタックルで止め、トライを許さなかった。
 後半は無得点に終わったウェールズだが、主将のLOアラン=ウィン・ジョーンズなどが身体を張り続けてリードを守り、最後はフランスボールのラインアウトをウェールズのFLアーロン・シングラーがスチールし、プリンシパリティ・スタジアムは大歓声に包まれた。

 2勝3敗(総勝点11)で4位に終わったフランスだが、第4節では大会3連覇を狙っていたイングランドを破るなど、ジャック・ブリュネル新ヘッドコーチが率いる体制になってから強豪復活の兆しを見せた。


 来年のワールドカップで日本代表と同組に入るスコットランド代表は、ローマでイタリア代表に29−27で逆転勝ちし、3勝2敗(総勝点13)と勝ち越して3位フィニッシュ。今年6月に日本代表と対戦するため来日するイタリア代表は、ホームでの最終戦で意地を見せたものの、3大会連続で全敗に終わった。

 前半はイタリアがリードした。2点を追う13分にSOトンマーゾ・アランがディフェンスを破ってゴールに持ち込むと、20分にも敵陣深くに入り、アランがディフェンス裏に転がしたボールを俊足のFBマッテオ・ミノッツィがインゴールに押さえ、4試合連続のトライを挙げた。さらに17−12で迎えた44分(後半4分)、この試合で代表初キャップとなった22歳のFLジェイク・ポレドリが自陣からパワフルに突破してSOアランにつなぎ、イタリアのリードは12点に広がった。
 しかしスコットランドは60分、WTBショーン・マイトランドがトライを挙げ、コンバージョン成功で5点差に詰めると、70分にも敵陣深くまで攻め込み、FBスチュアート・ホッグが抜けて同点トライ。SHグレイグ・レイドローがキックで2点を追加し、逆転した。
 75分、スコットランドにノットロールアウェイの反則があり、イタリアのアランがPGを決めてスタディオ・オリンピコは沸いたが、その3分後、今度はイタリアがモールを故意に崩す反則を犯してしまい、レイドローが確実にPGを決め、これが決勝点となった。

 同日にロンドンのトゥイッケナム・スタジアムでおこなわれた試合は、アウェイチームのアイルランド代表が24−15でイングランド代表を下し、全勝優勝を達成した。3連覇を狙っていたイングランドは第3節から3連敗を喫し(今大会:2勝3敗の総勝点10)、35年ぶりとなるチームワーストの5位で大会を終えた。

2

イタリア戦の終盤に同点トライを決めたスコットランドのスチュアート・ホッグ
(Photo: Getty Images)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2