国内

南ア代表のマプーがクボタスピアーズ退団… 途中加入のデヤハーも


ライオネル・マプー

 1月下旬に11選手の退団を発表していたクボタスピアーズだが、新たに、南アフリカ出身のCTBライオネル・マプーとFL/NO8ニック・デヤハーもチームを去ることが決定した。2月14日に公式発表。

 南ア代表でもあるマプーは2015年からスピアーズの一員となり、2016-17シーズン後に一度退団していたが再入団し、2017-18シーズンは5トライを挙げるなど奮闘していた。スーパーラグビーはライオンズでプレーする。

 ブルズのメンバーでもあるデヤハーはシーズン途中の11月に加入し、12月10日の東芝戦でスピアーズデビュー。総合順位決定トーナメントも含めて4試合に出場した。

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2