海外

【10人制】パナソニック、第2試合は 10−47でブルーズに敗れる


来年度からの所属が決まっている東海大4年・野口竜司が先発出場(撮影:早浪章弘)

 スーパーラグビー9チームなどが競う国際10人制大会『ブリスベン・グローバル・テンズ』がきょう、1日目を迎え、4チームごとのプール戦を行なっている。パナソニックは2戦目でブルーズ(ニュージーランド)に 10−47で敗れ1勝1敗。パナソニックのプール3戦目と、決勝トーナメント(6チーム)は明日(最終日)、行われる。

 昨年に続いてレベルズを破った第1戦からは、先発メンバーが7人入れ替わった構成で臨んだパナソニック。前半3分までに0−14とリードされ(試合は10分ハーフ)、同6分には長谷川崚太のトライで5−14に。前半は10−21で折り返した。ここから一気に主導権を握りたいところだったが、後半も立ち上がりに連続でトライを献上し、大きく水をあけられた。

 明日、第3戦の開始は日本時間昼12時8分。相手は地元クイーンズランドをベースとするレッズ。「ホームタウン」を驚かせる試合がしたい。(成見宏樹)

パナソニック10−47ブルーズ(NZ)
先発出場メンバー
FW(番号はポジション)
1 ホラニ龍コリニアシ
2 坂手淳史
3 長谷川崚太
4 ジャック・コーネルセン
5 テビタ・ツポウ
6 小山大輝
7 笹倉康誉
8 梶 伊織
9 野口竜司
10 藤田慶和

「ブリスベン・グローバル・テンズ」大会公式HP→ http://brisbaneglobaltens.com/

SH小山のラックサイド突破から、FW陣が好サポート(撮影:早浪章弘)

ブルーズ側では、スペンサーも途中交代で登場!(撮影:早浪章弘)



RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2