コンテンツ

松井、宇佐美、村田がデビューする18日の韓国戦 J SPORTSで生中継

Japan

昨年のアジア5か国対抗で優勝し、ワールドカップ出場を決めた日本代表
(撮影:松本かおり)


 「アジアラグビーチャンピオンシップ 2015」の開幕ゲーム、韓国代表×日本代表戦(韓国・仁川)が、スポーツテレビ局の『J SPORTS』で生中継されることが決定した。4月18日(土)の12時キックオフで、午前11時50分から『J SPORTS 1』で放送される。

 この試合では、初代表入りのWTB松井千士(同志社大3年)が先発予定で、テストマッチ出場を待ち望んでいたLO宇佐美和彦(キヤノン)とFL村田毅(NEC)もベンチ入りし、3選手にとって記念すべきデビュー戦となる。ぜひチェックを!

 昨年までアジア5か国対抗としておこなわれてきた大会は、2015年より日本、香港、韓国のアジア上位3か国・地域がホーム&アウェイで競う「アジアラグビーチャンピオンシップ」に生まれ変わった。アジアに敵無しの日本代表だが、ワールドカップに向けた重要な試合ばかりであり、J SPORTSでは4月18日の韓国代表×日本代表戦を皮切りに、5月2日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれる日本代表×香港代表戦(14時キックオフ)、5月9日に福岡・レベルファイブスタジアムでおこなわれる日本代表×韓国代表戦(14時キックオフ)も放送する。

 エディージャパンの熱い戦いを、どうぞお見逃しなく !


RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2