国内

大学選手権 D組で早大×同大の最多出場校対決! 明治は関西王者と同組

 第51回全国大学ラグビーフットボール選手権大会のセカンドステージの組み分けが決定した。
 6連覇の大記録を狙う帝京大は関東大学対抗戦Aを全勝で終え、法政大(関東大学リーグ戦1部3位)、天理大(関西大学Aリーグ4位)、朝日大(ファーストステージ1位)と同じプールAに入る。
 7日の早明戦を37−24で制した早稲田大は対抗戦2位となり、最多出場回数(48回)で並ぶ同志社大(関西3位)とプールDで激突することになった。対抗戦3位の明治大は、関西チャンピオンの関西学院大と一緒のプールC。この組には、司令塔の山沢拓也が故障から復活して対抗戦5位からの下剋上を狙う筑波大も入っており、熱戦が繰り広げられそうだ。
 関東大学リーグ戦で連覇を果たした流通経済大は、関西で最後まで優勝を争った京都産業大や、昨年度4強入りの慶應義塾大などとプールBで争う。

 セカンドステージは、出場16校が4チームずつの4プールに分かれて総当たり戦を実施し、各プール1位(計4チーム)がファイナルステージへの進出権を得る。
 なお、各所属リーグの成績に応じてアドバンテージポイントが与えられることになっており、地域所属リーグ戦の1位は3点、2位は2点、3位は1点がセカンドステージスタート時点から加算される。

 セカンドステージは12月14日キックオフ。

50


<第51回全国大学ラグビー選手権大会 セカンドステージ 組分け>

A B C D
帝京大学
(16大会連続22回目)
関東大学対抗戦A 1位
流通経済大学
(7大会連続15回目)
関東大学リーグ戦1部 1位
関西学院大学
9大会連続10回目)
関西大学Aリーグ 1位
早稲田大学
31大会連続48回目)
関東大学対抗戦A 2位
法政大学
(2大会ぶり30回目)

関東大学リーグ戦1部 3位
京都産業大学
2大会連続28回目
関西大学Aリーグ 2位
明治大学
6大会連続43回目)
関東大学対抗戦A 3位
東海大学
10大会連続12回目)
関東大学リーグ戦1部 2位
天理大学
(2大会ぶり23回目)
関西大学Aリーグ 4位
慶應義塾大学
17大会連続32回目)
関東大学対抗戦A 4位
大東文化大学
2大会連続22回目)
関東大学リーグ戦1部 4位
同志社大学
2大会連続48回目)
関西大学Aリーグ 3位
朝日大学
(3大会連続3回目)

ファーストステージ1位
中央大学
2大会連続15回目)
関東大学リーグ戦1部 5位
筑波大学
8大会連続19回目)
関東大学対抗戦A 5位
立命館大学
4大会連続16回目)
関西大学Aリーグ 5位

※ 詳しい試合日程は日本ラグビーフットボール協会の公式サイトをご覧ください。

http://www.rugby-japan.jp/national/schedule3361.html

 


RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2