Nations

ウルグアイとカナダは死闘ドロー! U20日本代表が首位に浮上!!

matsui

U20ナミビア代表の防御網を突破しようとするU20日本代表のWTB松井千士
(Photo: Power Sport Images for HKRFU)

 U20日本代表に追い風だ。
 香港で開催されている「IRB ジュニア ワールド ラグビー トロフィー(JWRT)2014」は11日、大会2日目の全4試合がおこなわれ、開幕戦でU20日本代表に黒星をつけたU20ウルグアイ代表は、U20カナダ代表と18−18で引き分けた。

 1勝1分となったウルグアイはボーナスポイント(4トライ以上獲得、または7点差以内の敗戦で勝点1が加算される)をものにしておらず、総勝点は微増で6。
 日本は11日にU20ナミビア代表を34−28で下し、通算1勝1敗ながら、2試合連続でボーナスポイントを着実に稼いでおり、総勝点7で首位に浮上した。ナミビアは総勝点6(1勝1敗)。
 プールBでU20日本代表の対抗馬とみられていたU20カナダ代表は、初戦でU20ナミビア代表に敗れ、11日のU20ウルグアイ代表戦は試合終了間際に同点トライを挙げたもののコンバージョンキックは外れ、0勝1分1敗(総勝点2)で、優勝争いから脱落した。

 自力でのプールB・1位が見えてきたU20日本代表は、決勝進出がかかる15日のプールマッチ最終戦で、目標を失ったU20カナダ代表と対戦する。

 プールAではアメリカが2勝0敗(総勝点9)で暫定トップ。グルジアとトンガはともに1勝1敗(総勝点5)だが、決勝進出の可能性は残っている。開催地枠で参加しているU20香港代表は、U20トンガ代表から今大会初トライを奪ったものの2敗目を喫し、プールA最下位はほぼ確実となった。


<JWRT 2014 プール戦結果/4月11日終了時点>

pool



RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2