Nations

仏ラグビー協会 600億かけ高性能スタジアム建設へ

FFR

 

 

 フランスラグビー協会(FFR)は29日、パリから南へ約25キロ離れたところにあるエヴリーに、およそ6億ユーロ(約600億円)をかけて8万2000人収容の最新ホームスタジアムを建設予定であると発表した。2017年の完成を目指す。屋根は格納式で、ピッチの取り外しを可能にすることにより、コンサートなどのイベントも開催できるような計画になっている。
 現在、フランス代表はパリ郊外にある「スタッド・ドゥ・フランス」をホームスタジアムとしているが、1998年のFIFAワールドカップ用に建設されたその会場はサッカーフランス代表も使用しているため、スケジュール調整の難しさなどから、FFRはイングランドにあるトゥイッケナム・スタジアムのようなラグビー専用競技場の所有を以前から望んでいた。
 また、海外ラグビー情報サイト『ESPN scrum』によれば、スタッド・ドゥ・フランスで1試合開催するのにFFRは約500万ユーロ(約5億円)ものレンタル料を支払っているとのことで、スタジアムを所有することで大幅な収入増を目指す。

 

 

※ 1ユーロ=101.01円(2012年6月30日現在)で計算

 


RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2