ラグリパWest! 関西「生」情報もいくで。

ラグビーマンのおかあちゃん お好み焼き『吉野』 店主・吉野久子さん

お好み焼き『吉野』のスタッフ・吉川智仁さん(左)、
店主の吉野久子さん(中)、ラグビージャーナリストの村上晃一さん


 まいどー、浪速のおっさんでーす。
 今日は「偉大なおかあちゃん」に会いに、京都に来たでー。『母をたずねて3000里』。いや、まあ40キロほどか。
 1月の風物詩『通し矢』がある三十三間堂の裏。赤や黄や青の鮮やかな晴れ着を横目に、その先が香港につながりそうな細い路地を入ったら、お好み焼き『吉野』はある。

「あんた、元気にしとったんか? たまには連絡してきいや」
 二人称がほとんど「あんた」のおかみ、吉野久子はんは目じりを急降下させニッコリや。横でスタッフの「ともちゃん」こと吉川智仁はんは、「まいど」って笑う。
 吉野は『食べログ』の口コミが100を超える名店だけに、舌の肥えたラグビーマンもぎょーうさん集まるで。

 赤の高校チームはここで会を開く。トシ兄さんやタクちゃん。大学やったら、大阪のクワはんや岐阜のみっちゃん。はては「ラグビー界の司馬遼太郎」の藤島大はんや「ラグビー伝道師」の村上晃一はんも来る。

 ここのすごさはお好み焼き屋やのに、高級焼き肉店が出すようなビーフのホルモンや赤身(A5やと思われる)がいただけること。
 ホソ=小腸、カス=腸を油で揚げたもの、ミノやらスジ、レバーなんかもある。

 ホソ、カス、スジ、シーフードのいかを入れた『全部乗せ』お好み焼き(具材の多さで大のみになる)は1750円(税別)や。
 食べてみいや。くさみがなく、噛んでもいつまでも肉汁をしたたらせるホソ、香ばしいカス、こりこりのスジ(新鮮やから煮込んだりせえへんで、生や)、焼き上がりは鉄板に落とした目玉焼きの上にお好み焼きをかぶせる。甘い濃厚ソース、ピリッとからい『どろソース』を塗り、青のりとかつお粉をかける。
 口に放り込んだら、人生観変わるで。

 ホルモンなどお肉は鉄板で焼いて、サーブもしてくれる。キャベツと玉ねぎを一緒に炒めて、ごまが浮いた甘辛い韓国風タレでいただく。絶品やで。最初にこれをオーダーする常連さんも多い。1種類なら1000円やね。
 ワイはプリプリなここのホソの大ファン。
「ワイがなくなったらこれ棺桶に入れてな」
「燃え過ぎてまうで」
 ともちゃんはいっつも冷静や。それだけ脂のりのいい良質ってことやね。

2

ホソと赤身の焼き肉

 ここでは京都名物のカクテル『赤』(あか)が飲めるで。赤玉ポートワインと焼酎をミックスして、それを炭酸かサイダーで割る。甘い味が好きな人はサイダーやな。
 これはよう酔いまっせえ。ワイは女と酒に弱いから、大ジョッキ1杯(650円)で目がぐるぐるグルジアや。
「あんた、どんだけ経済的なんや」
 ギャルはご用心召されい。

 おかあちゃんは話す。
「あんな、この前な、役所から人が来てな、後期高齢者医療の説明を始めたんや。せやから、『誰の事ですか?』って聞いたら、私のことやったわ。わーっはっはっはっはー」
 おかあちゃん、「わっはっは」やないで。それってすごいお年っちゅうことやんか。
 お店を始めて46年。最初のお客は近くの高校に通っていた紳助兄さんらやったって。

 おかあちゃんは今でも毎朝、原チャリで中央市場に行って、新鮮なキャベツや九条ネギを仕入れて来る。そこではおフランスの星をたくさん持ってはる料理人とも知り合う。『菊乃井』や『祇園さゝき』の大将とは友達や。
 お客も芸能人はもちろん、世界のファッションをリードする寛斎先生まで来はる。お店にはポスターばっちり張ったある。
 年下なんやけど、さすがに「あんた」やなくて、「先生」って呼んではるけどな。

 おかあちゃんのラグビーマン評は高い。
「クラブをやってはった人は基本、種目を問わず気持ちのええ人が多い。せやけど、ラグビーやってはった人は、みんな家族みたいなつながりを持ってはるな。これはほかのスポーツではあんまり見かけへん。ラグビーだけのええ部分と違うか」
 まっ、自分がタックルを受けて痛い思いをしても、ボールつないで仲間を生かすところに、ファミリーと似た連帯感を生む秘訣があんのかもしらんね。

 味も人情も天下一品(京都発祥の有名ラーメンチェーンではない)。楕円球が好きな人は、京都観光の折に、足を運ぶ値打ちはおまっせえ。「あんた」って呼ばれたら、おかあちゃんが家族扱いしてくれてるちゅーこっちゃ。間違いなく、お腹も心もポカポカになるで。


◆お好み焼き 吉野◆

■住所: 〒605−0968 京都市東山区大和大路塩小路下ル上池田町546−6(JR京都駅から東に約10分、京阪七条駅から東南に約5分、いずれも徒歩。行き方はググって)
■電話番号: 075−551−2026
■営業時間: 11時〜21時(ラストオーダーは20時30分)
■定休日: 月曜と火曜。人気店やから予約を入れといた方が間違いは少ないなあ
■席数: カウンター6人、4人用テーブル(鉄板つき)が5。計26人くらいかなあ

3

吉野名物の全部乗せ(ホソ、スジ、カス、いか)のお好み焼き大
RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2