セブンズ

セブンズ日本代表に新たにオリンピアン2人復帰! 副島と合谷も北米遠征参加
セブンズセブンズ日本代表に新たにオリンピアン2人復帰! 副島と合谷も北米遠征参加

read more »

男子セブンズユースアカデミー 京都の西川虎哲・彪馬は兄弟で参加へ
セブンズ男子セブンズユースアカデミー 京都の西川虎哲・彪馬は兄弟で参加へ

read more »

惜しくも連勝ならず… 男子セブンズ日本代表はシドニー大会11位タイ
セブンズ惜しくも連勝ならず… 男子セブンズ日本代表はシドニー大会11位タイ

read more »

“カラウナ・ジャパン”、ワールドセブンズシリーズ19戦目で初勝利!
セブンズ“カラウナ・ジャパン”、ワールドセブンズシリーズ19戦目で初勝利!

read more »

 2016年からオリンピックの正式競技として採用されることが決定し、注目度は急上昇。15人制に比べて普及や強化のスピードが速く、どの国にもメダル獲得の可能性があるのが最大の魅力。事実、15人制でワールドカップ出場経験のないケニアなどは、セブンズの世界ではトップ10に入る強豪国に変貌した。政府の支援が約束されて精力的に動き出した国は多く、ラグビーのグローバル化が進むのは間違いない。競技は、7人で1チームを編成し、15人制と同じ大きさのグラウンドでプレーする。大まかなルールは15人制とほぼ同じ。試合時間は通常14分間(7分ハーフ)だが、IRBセブンズ・ワールドシリーズのカップ決勝は20分間(10分ハーフ)で行われる。国際大会としては、IRBワールドシリーズが毎シーズンのメインイベント。4年に一度のワールドカップは1993年から始まり、2013年のロシア大会が最後の大会となる(オリンピックが世界一を決める最高峰大会となるため)。国内でも新大会創設などが検討されており、セブンズをめぐる環境は大きく変わろうとしている。

PC記事ワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパパシフィックアイランダーcolumn2

RMmotomochronicle1webchronicle2webRM2clinic47chronicle1webdd