Nations

U20日本代表に箸本ら ワールドU20チャンピオンシップは5月30日開幕

ワールドラグビー U20チャンピオンシップの優勝トロフィー
(Photo: Gogita Bukhaidze / World Rugby)


 20歳以下のラグビーマンが集う世界最高峰の舞台で、桜のエンブレムを胸につける若者たちが2年ぶりに挑戦する。昨年、下部大会を制し、「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ2018」の出場権を獲得。5月30日から6月17日までフランスで開催されるその戦いへ向け、U20日本代表の遠征メンバー28人(FW:15、BK:13)が発表された。

 3月のワールドラグビー パシフィック・チャレンジにジュニア・ジャパンとして参加し、好走を連発していたWTB/FB根塚洸雅(法政大)や、昨年のワールドラグビー U20トロフィー優勝に貢献したLO箸本龍雅(明治大)、今春に東福岡高校を卒業後、トップリーグの強豪パナソニック ワイルドナイツにプロ契約で加入したFL/NO8福井翔大などが選出されている。

 遠藤哲ヘッドコーチ率いるU20日本代表は、15日に集合して翌日出発。アイルランド合宿を経て、24日に開催国のフランスへ移動する。そして、30日におこなわれるプールAの初戦で前王者のU20ニュージーランド代表と対戦。6月3日の第2戦はU20オーストラリア代表に挑み、7日の第3戦はU20ウェールズ代表と激突する。その後、各プールの順位に応じて各トーナメントに進み、17日が最終順位決定戦となる。
 参加する12チーム中、最下位になったチームは下部のU20トロフィーへ来季降格となる。


<ワールドラグビー U20チャンピオンシップ 2018>
■プールA: ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ、日本
■プールB: イングランド、スコットランド、イタリア、アルゼンチン
■プールC: 南アフリカ、フランス、アイルランド、ジョージア

<U20日本代表 遠征メンバー>
【FW】
石田楽人(専修大)、谷口祐一郎(天理大)、百地龍之介(立命館大)、山田裕介(豊田自動織機シャトルズ)、新井望友(東海大)、大山祥平(慶應義塾大)、津嘉山廉人(流通経済大)、久保克斗(帝京大)、箸本龍雅(明治大)、アシペリ・モアラ(天理大)、相部開哉(慶應義塾大)、福井翔大(パナソニック ワイルドナイツ)、山本凱(慶應義塾大)、岡山仙治(天理大)、下川甲嗣(早稲田大)

【BK】
藤原忍(天理大)、本堂杏虎(日本体育大)、侭田洋翔(中央大)、根塚洸雅(法政大)、ハラトア・ヴァイレア(日本体育大)、児玉樹(明治大)、森勇登(明治大)、シオサイア・フィフィタ(天理大)、シオエリ・ヴァカラヒ(福岡工業大)、ニコラス・ホフア(京都産業大)、古賀由教(早稲田大)、猿田湧(明治大)、山沢京平(明治大)

jsp_kantouniv_leftRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2