Nations

NDSニュージーランド遠征メンバー決定 キャプテンは真壁


サンウルブズの真壁伸弥。写真は昨年の試合から(Photo: Getty Images)

 4月10日からニュージーランドに遠征するNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)のメンバーが決定し、スーパーラグビーの試合から離れているサンウルブズの選手など、日本代表候補クラスの30人(FW16、BK14)が日本ラグビー協会から発表された。
 キャプテンはサンウルブズのメンバーでもある日本代表36キャップのLO真壁伸弥(サントリー)が務める。

 NDSの堀川隆延ヘッドコーチは、「メンタルの部分で、厳しい局面で厳しい選択ができるか? 技術的な部分に関しては、“アンダープレッシャー”の状況下でスキルを発揮できるか? の2点を重視して選手選考をおこないました。また、インターナショナルな可能性、将来性という観点で、ジュニア・ジャパンでプレーしてきた選手のなかからも数名を選びました」とコメント。
 キャプテンに選んだ真壁については、厳しい局面で誰よりも身体を張れる選手だと評価する。「ラグビーワールドカップ2015での経験値も持っており、国の代表として戦うことの意義を理解しています。面倒見が良く、かた過ぎず、柔らか過ぎず、バランス感覚の優れたリーダーだと思います」
 4月のはじめにおこなったNDS沖縄キャンプおよび今回のニュージーランド遠征は、『ラグビーワールドカップ2019』へ向けたセレクションとして位置付けているという。沖縄キャンプでは、チームのスローガンとプレーフィロソフィー(こだわり)を共有し、そこに特化してチーム作りをおこなってきた。

 真壁キャプテンは、「まずはチームとして一つになり、グラウンドの内外でインターナショナルレベルの集団になりたい。そしてもちろん試合にも勝ちにいく。自分が長い間日本代表で見てきたことをチームに浸透させたいと思います」とコメントした。

 ニュージーランド遠征ではJAPAN Aとして、スーパーラグビークラブの予備軍と3試合をおこなう予定で、14日にダニーデンでハイランダーズAと、20日にオークランドでブルーズAと、そして26日にホロフェヌアでハリケーンズAと対戦する。


<NDS ニュージーランド遠征 参加メンバー>

【PR】
垣永 真之介(サントリー/日本代表 9 caps)
須藤 元樹(サントリー/日本代表 2 caps)
三上 正貴(東芝/日本代表 33 caps)
山本 幸輝(ヤマハ発動機/日本代表 5 caps)

【HO】
坂手 淳史(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 10 caps)
庭井 祐輔(キヤノン/2018サンウルブズ/日本代表 3 caps)
日野 剛志(ヤマハ発動機/日本代表 4 caps) 

【LO】
真壁 伸弥(主将/サントリー/2018サンウルブズ/日本代表 36 caps)
ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機/2018サンウルブズ/日本代表 7 caps)
アニセ サムエラ(キヤノン/日本代表 7 caps)
大戸 裕矢(ヤマハ発動機/日本代表 3 caps)

【FL】
布巻 峻介(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 5 caps)
テビタ・タタフ(東海大学4年/日本代表 3 caps)
西川 征克(サントリー)
ファウルア・マキシ(天理大学4年/日本代表 2 caps)

【NO8】
フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車/日本代表 3 caps)

【SH】
内田 啓介(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 22 caps)
荒井 康植(キヤノン)
齋藤 直人(早稲田大学3年)

【SO】
ロビー・ロビンソン(リコー/2018サンウルブズ)
松田 力也(パナソニック/日本代表 10 caps)

【CTB】
シオネ・テアウパ(クボタ/2018サンウルブズ/日本代表 3 caps)
鹿尾 貫太(ヤマハ発動機/日本代表 2 caps)
村田 大志(サントリー/日本代表 2 caps)

【WTB】
福岡 堅樹(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 25 caps)
山田 章仁(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 23 caps)
石井 魁(NTTコミュニケーションズ)
藤田 慶和(パナソニック/日本代表 31 caps)

【FB】
野口 竜司(パナソニック/2018サンウルブズ/日本代表 12 caps)
尾ア 晟也(サントリー/日本代表 3 caps)

RMワールドカップ2019ラグリパcolumn2