海外

南ア代表NO8カシーム、ウェールズのスカーレッツに来季移籍決定


昨年のアルゼンチン戦でプレーする南ア代表のカシーム(Photo: Getty Images)

 ヨーロッパのプロ14に属するスカーレッツ(ウェールズ)は3月20日、南アフリカ代表バックローワーであるウザイア・カシームの来季入団を発表した。28歳のカシームは現在、同リーグに参戦している南アのチーターズに所属している。

 2016-17シーズンのリーグ王者であるスカーレッツは、現在在籍しているスコットランド代表主将のFLジョン・バークレーが今季かぎりで退団することとなり、FW3列を充実させるために、来季へ向けてハリケーンズ(ニュージーランド)のFLブレイド・トムソンも獲得。カシームはNO8として期待されている。
 カシームは力強いボールキャリーが持ち味のダイナミックなプレーヤーで、オフロードも得意とする。南ア代表の昨年末のヨーロッパ遠征にも参加し、8つのテストキャップを持っている。

 一方、経験豊富なカシームを失うことになったチーターズだが、元U20南ア代表副将である21歳のNO8、ジュニア・ポコメラとの契約延長には成功した。

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2